WordPressプラグインでサイトをバックアップする

データベースの復元とWebサイト確認

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
WordPressサイトを復元する為の、バックアップデータからのデータベースの復元方法について解説していきます。また最後に、復元したWebサイトをブラウザで正常に動作しているか確認していきます。
講師:
05:11

字幕

このレッスンでは WordPress サイトを復元するための バックアップデータからのデータベースの 復元方法について解説していきます それでは早速画面の方を見ていきましょう 今こちらの画面には phpMyAdmin の 管理画面が表示されていますね データベースの復元も こちらの phpMyAdmin を使って 実行していきます それでは先ず復元するデータを 格納するための データベースを作成してあげます 新たにデータベースを作成するためには こちらの データベース というボタンを クリックします すると この様な画面になります この画面のこちらの部分で 新たにデータベースを作成していきます 先ず こちらのデータベースの所には その名の通りデータベースの名前を 入力してあげます このデータベースの名前ですが 復元したい WordPress で 実際に利用していた データベースの名前を 利用する様にして下さい そのデータベースの名前を 確認するための 一番簡単な方法は バックアップをとった sq ファイルの ファイル名を見れば分かります それでは確認してみましょう 今回はこちらの BackWPup で取得した バックアップデータを利用していきます こちらの sql のフォルダの中に 整理したこちらですね この sql のファイル名 今回は bitnami_wordpress と 書いていますね これが実際のデータベース名になります ですのでこれをコピーして 利用してあげます そしてこちらにペーストします そしてもう一つ データベースの名前を確認するための 最も確実な方法は バックアップを取った WordPress の ファイルの中に含まれている wp-config.php の ファイルの中を確認する事で このデータベース名を 確認する事ができる様になっています それでは実際に見てみましょう こちらがバックアップを取った WordPress のファイルですね そして今は そのバックアップファイルを利用して WordPress サイトを 復元しようとしています そして wp-config.php ファイルは こちらの部分にあります こちらをエディタで開いたのが こちらの部分です そしてこちらの部分に この一文が表示されています こちらの部分では この WordPress で利用する データベース名が記載されています こちらも先程と同様に bitnami_wordpress と記載されていますね ですので今回のデータベースの名前は この bitnami_wordpress を 入力してあげればOKという事になります それでは画面を phpMyAdmin に戻します phpMyAdmin に戻ってきました この様に データベースの名前の入力が 完了したら こちらの照合順序を設定します こちらの部分をクリックすると この様に沢山の選択肢が出てきます この部分で選択して頂きたいのが ずっと下にある この utf8 と書かれている部分の中にある この utf_general_ci です これをクリックして選択しましょう そして最後にこちらの 作成ボタンをクリックします すると この様に データベースの作成が完了して こちらの左の部分にも 今回作成したデータベースの 名前が表示されてきました この様にデータベースの 作成が完了したら 次は実際にバックアップを取った データベースの値をこちらに 復元したいと思います データベースの値を復元するためには こちらのデータベースを選択した状態で この インポート というボタンを クリックします するとこの様な画面になるので こちらの ファイルを選択する ボタンを クリックします そしてバックアップをとった sql ファイルを選択します 今回はこちらですね これをクリックして 開く を選択します そしてこのまま 画面を下にスクロールして こちらの実行をクリックします そうするとこの様に インポートは 正常に終了しました と表示されて データの復元は完了しました 以上でバックアップデータからの WordPress の 復元手順は完了となります それでは実際に 復元したウェブサイトをブラウザで 確認してみたいと思います 今回は bitnami を使った ローカル環境上での WordPress でしたので こちらの Access WordPress を クリックしてみます するとこの様に正常に WordPress の画面が表示されてきましたね この様に表示されてくれば バックアップデータからの復元は 無事完了しているという事になります 以上でレッスンは終了です 今回は WordPress サイトを 復元するための バックアップデータからのデータベースの 復元方法について解説致しました

WordPressプラグインでサイトをバックアップする

WordPressは世界中で人気の無料ブログソフト/CMSです。Backup to DropboxとBackWPupというプラグインを使えば、バックアップを自動的にとれるのでとても便利です。このコースではこれらを使って簡単にサイトのバックアップをとる方法について解説します。その入手先やインストール方法から実際にサイトを復元するまでのやり方を説明します。

1時間19分 (27 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
ウェブデザイン
CMS
価格: 1,990
発売日:2016年02月12日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。