Photoshop CC 画像修正入門講座

削除しない背景処理

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
背景は削除せずに一部分だけを修正する方法について解説します。
講師:
03:54

字幕

写真の背景の一部を変えたいという時がよくあります。背景を削除してしまうのではなく一部分を処理してイメージを変えたい、そのような処理方法をこれから見ていくことに致しましょう。画面に写っているのはこのペリカンの写真ですが、この背景には水目の部分と陸地の部分、この境に少し暗い影のような部分が見受けられます。ここではこの部分を修正していきたいと思います。なおこの画像のBrown Pelican.jpg のデータは、プロジェクトファイルの中に入っています。ファイルから取り出してもらえれば同じように修正をして頂くことができます。それではまず最初に新しいレイヤーを作成します。右側にあるレイヤーパネルの中から新規レイヤー作成ボタンを押して、レイヤーを作成します。レイヤーができました。レイヤーの名前の所をダブルクリックすると名称を変えられますので、管理しやすい名称があればその名称を入れておいて下さい。これで修正に入ります。背景の一部を修正するには、指定した箇所を周辺の色を分析して、それに合う色で塗りつぶしてくれるスポット修復ブラシツールが適しています。ですから左側にあるツールパネルの中からこのスポット修復ブラシツールを選択します。 これで起動できました。スポット修復ブラシツールのブラシはこのように丸く円で表示されます。このブラシのサイズの大きさの変え方ですが、キーボードのBracket キー日本語表記の角括弧「」と呼ばれる部分の左側を示すものを押し続けると小さく、右側を示すものを押すとこのように大きくなります。これで調節してみて下さい。それでは修正していきましょう。まずブラシの大きさを少し整えていきます。これ位の大きさでしょうか。それで今はここの暗い部分、この部分を修正していきます。スポット修復ブラシツールはこのままクリック&ドラッグで修正したい場所を指定するだけです。そしてこの辺りをこのように伸ばしていきます。これ位でしょうか。これで周りの色に近い色にここで修正してもらっています。さらにはこの部分も同じようにやっていきましょう。このようにして前後に広がる丸部分はこのように前後にクリック&ドラッグすれば、このようにできます。これでだいぶ修正できました。これでもう修正はOK なんですけれどもさらにもう少し調整していきましょう。右側にあるレイヤーパネルの中からこの不透明度、この部分をこうクリックしますと不透明度のパーセンテージを変えることができます。 ここは今 100 パーセントになっていますが、ここを下げていってみましょう。画面を見ていて下さい。だんだん背景を直した所が元に戻って、これが修正する前の画像です、不透明度を 0 パーセントにすることによって元の画像に戻ります。ですからここの部分を少しずつ上げることによって徐々に修正値を変えていくことができます。これで自分が変えたいイメージに合わせていきます。最初に修正したものだけをそのまま取り入れるのではなく自分がある程度のイメージ例えばこの位の薄さが丁度いいと思うのであればこの辺りで止めておく、もう少し濃い背景にしたいのであればさらにパーセンテージを上げる、そのようにこのパーセンテージを自分で調整して背景を処理してみて下さい。例えばここでは 45 パーセントこれ位のイメージで良ければ、これで OK にして下さい。背景の処理は一度修正し、イメージを上げるために再度修正を行なえば、さらに自分のイメージに近く仕上げることができます。スポット修復ブラシツールを使って背景の修正を試してみて下さい。

Photoshop CC 画像修正入門講座

このコースでは初めてPhotoshopを使う人を対象に、画像修整のさいに知っておきたい基礎知識や、基本的な修正の手順をわかりやすく解説します。コースの後半には明るさの部分修正やマニュアルパッチによる修復など少し高度な修正方法にもチャレンジします。

2時間16分 (35 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像編集
価格: 1,990
発売日:2014年01月16日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。