PhotoshopとLightroomで行う画像編集ワークフロー

LRからPSへ複数の写真をレイヤーとして開く

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Lightroomから複数の写真をPhotoshopにレイヤーとして重ねた状態で開き、編集をスムーズに行う方法を解説します。
講師:
04:54

字幕

このレッスンでは Lightroom から 複数の写真を Photoshop に レイアウトして重ねた状態で開き 編集をスムーズに行う方法を解説します Lightroom で複数の画像を Photoshop で開いて 編集する方法として 「写真」メニューの「他のツールで編集」から 「Photoshop でパノラマに結合」で パノラマ画像を作ったり 「Photoshop で HDR Pro に統合」を選んで HDR 画像を作成して開く方法があります ただし Lightroom CC および 6 からは「写真」メニューの 「写真を結合」から HDR や パノラマを選ぶことで Lightroom 単体でも 作ることができます さて Lightroom から複数の写真を Photoshop で開く方法として もう一つ便利な方法があります それは複数の画像を 1 つの画像として レイヤーに重ねて開くというものです ここではこの画像を この画像の背景にして 校正したいと思います 開きたい写真を Mac では Command キーを Windows では Ctrl キーを 押しながら選択して 「写真」メニューから 「他のツールで編集」の 「Photoshop でレイヤーとして 開く」を選びます Photoshop が起動して このように それぞれの画像ファイル名が レイヤー名として 1 つの画像に 重なって開きます こうすることでレイヤーの表示 非表示を切り替えたり レイヤーをドラッグして順を 入れ替えることができます また 切り抜きたい被写体を 「クイック選択ツール」を選んで ドラッグして 選択をして ここでは 花と 下の茎と 葉の部分をドラッグして 選択範囲をつくります 選択範囲がはみ出してしまった部分は Mac では Option キーを Windows では Alt キーを 押しながらドラッグして削除していきます ここで この花の部分を切り取りたいときには レイヤーパネルの下にある 「レイヤーマスクを追加」をクリックします すると選択範囲外が透明になって 下のレイヤーが透けてみえるという 合成作品が簡単にできます ここで「移動ツール」に切り替えて レイヤーを移動させたり 「ズームツール」に切り替えて 消し残した部分を調整していきます レイヤーマスクのサムネイルを クリックして ブラシツールを選び 「描画色と背景色を初期設定に戻す」に クリックしてから 「描画色と背景色を入れ替え」を クリックすると 描画色が黒になります この状態で はみ出した部分をドラックして きれいに調整していきます 「手のひらツール」をダブルクリックして 全体を表示させて さらに細かい調整を加えて 完成度を高めていくと より自然な合成作品になります 以上 Lightroom から 複数の写真を Photoshop にレイヤーとして 重ねた状態で開き 編集をスムーズに行う方法の 一例を紹介しました Photoshop で合成をする目的であれば Lightroom で複数の画像を選択して Photoshop で 「レイヤーとして開く」を選びましょう

PhotoshopとLightroomで行う画像編集ワークフロー

画像編集ソフトのPhotoshopと現像や管理機能に定評のあるLightroomはそれぞれに優れた機能を備えています。このコースではそれぞれのソフトの特徴と基本的な機能、また両者を連携させた使い方を学びます。両ソフトを用いた画像編集のワークフロー(管理→現像→編集→保存→管理)を理解し、効率よく連携しながら編集するためのさまざまな方法を説明します。

3時間09分 (33 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2016年02月16日
再生時間:3時間09分 (33 ビデオ)

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。