PhotoshopとLightroomで行う画像編集ワークフロー

Lightroomにおけるスタックと仮想コピー

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
LightroomとPhotoshopでの編集をやりとりする上で作成される複数のバージョンをスタックする方法と、元画像を保護しながら様々な調整を適用することができる便利な仮想コピーについて解説をします。
講師:
05:05

字幕

このレッスンでは Lightroom と Photoshop での 編集をやり取りするうえで作成される 複数のバージョンをスタックする方法と 元画像を保護しながら 様々な調整を適用することができる 便利な仮想コピーについて解説をします まず Mac では 「Lightroom」メニューから Windows では「編集」メニューから 「環境設定」の 「外部編集」を開きます ここで「元画像を含むスタック」に チェックを入れておきましょう スタックされているかどうかを確認するには 画像を右クリックして 「ライブラリ内のフォルダに移動」を選びます すると Lightroom から Photoshop で 編集することによって 作成された画像のある場合は 追加されるごとに このように 元の画像と共にスタックされます 画像の左上にある数字は スタックされている画像の数を表していて 先頭の数字をクリックすると スタックを畳んだり 展開することができます また スタック内で写真をドラッグして 順を入れ替えることもできます また 画像の左下にページがめくれたような マークがついているものは 仮想コピーであることを示しています 仮想コピーはコピーとはいっても 複製したファイルではありません それ自体はファイルとして 存在しているわけではなく Lightroom 上で 調整を行うための カタログ内の仮のイメージです 仮想コピーをつくるには 画像を右クリックして 「仮想コピーを作成」を選びます 仮想コピーは’複数作ることができます こうすることで 元の画像の状態を そのまま保ちながら 仮想コピーにのみ 調整を加えていくことができます 仮想コピーには 「コピー 1」「コピー 2」と 作成した順に 数字が加わります 「E」キーを押して ルーペ表示に 切り替えて「I」キーを押すと 詳細を表示することができます 左右の矢印キーを押して オリジナル Photoshop で編集した画像 Lightroom で作成した 仮想コピーであるかどうかを ファイル名や 拡張子で識別することができます また「G」キーを押して グリッド表示に戻して サムネイルの右下についているバッチで Lightroom で編集したかどうかを 確認することができます このような白黒の三角形にプラスとマイナスの マークがついたアイコンは Lightroom において 何らかの 現像調整されていることを表しています ただ 写真の数が多いと どれが元の写真で 仮想コピーなのかを 識別するのは大変な作業になります そこで 多くの写真の中から マスター画像と仮想コピーを 分別する便利な方法があります 「ライブラリ」モジュールの 「ライブラリフィルター」で 「属性」を選んで 「種類」のところに並ぶ アイコンの左側のボタンをクリックすると マスター写真のみが表示されます マスター写真をクリックして 解除して その右にある ボタンをクリックすると 仮想コピーのみを表示することができます 以上 Lightroom の 複数のバージョンをまとめるのに便利な スタックと 元の画像を保護しながら 様々な調整を 試すことができる 仮想コピーについての解説でした Photoshop で編集を繰り返す際には スタックと仮想コピーを 便利に使いこなしましょう

PhotoshopとLightroomで行う画像編集ワークフロー

画像編集ソフトのPhotoshopと現像や管理機能に定評のあるLightroomはそれぞれに優れた機能を備えています。このコースではそれぞれのソフトの特徴と基本的な機能、また両者を連携させた使い方を学びます。両ソフトを用いた画像編集のワークフロー(管理→現像→編集→保存→管理)を理解し、効率よく連携しながら編集するためのさまざまな方法を説明します。

3時間09分 (33 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2016年02月16日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。