PhotoshopとLightroomで行う画像編集ワークフロー

PS 光による奥行き間を演出

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Photoshopで合成した背景のレイヤーに、手前から奥に向けて徐々に明るくなるような効果を加えて、光による奥行き間を演出する方法を解説します。
講師:
04:41

字幕

このレッスンでは 合成画像の背景のレイヤーに 手前から奥に向けて 徐々に明るくなるような効果を加えて 光による奥行き感を演出する方法を解説します ここに Photoshop で 二枚の画像をレイヤーに重ねて 上に重なっているレイヤーの シマウマの部分を選択して レイヤーマスクに変換することで 草原の背景に シマウマがいるような合成をしています 背景のレイヤーに 手前から奥に向けて徐々にぼける チルトシフトぼかしを加えることで 被写体のレイヤーと背景に 奥行き感を演出しています ここで 二つのレイヤーの 光の情景を確認してみます 背景も被写体も ほぼ同じ方向から日光が差しているのですが 双方のレイヤーのコントラストが強いため 被写体が引き立ってきません そこで 背景にぼかしギャラリーで作成した マスクを利用して ぼける方向と同じ向きで 手前が色濃く 奥に向けて 徐々に明るくなるという 明るさにおける遠近感を演出します ここで「ぼかしギャラリー」の項目の部分を ダブルクリックします スマートフィルターが適用されているため このように何度でもフィルターを 編集することができます ぼかしギャラリーでは このように チルトシフトの領域が設定されています M キーを押し続けると 一時的に マスク領域が白黒で表示されます このようにマスクが適用されています マスクを明るさ調整する領域に利用します マスクをチャンネルに 保存するためのボタンを有効にして 「OK」をクリックします 「チャンネル」パネルを開くと 一番下に 「ぼかしマスク」が追加されています このサムネイルを Mac では Command キーを Windows では Ctrl キーを押しながらクリックをして 選択範囲を作ります レイヤーパネルに戻り 「色調補正 」の 「トーンカーブ」を適用します カーブの中央を上にドラッグして湾曲させると 背景の中央から上 及び中央から下に向けて 徐々に明るくなります 調整レイヤーの描画モードを 一番下の「輝度」に変更すると 下のレイヤーの色を保ちながら明るくなります まだ 手前の部分が 白く明るく残っているのが不自然なので 「トーンカーブ」の レイヤーマスクを選択した状態で 描画色を黒に設定します 「ブラシツール」を選んで ブラシの「サイズ」をここでは 400 「硬さ」を 20 に設定して 手前の白く残っている部分をドラッグして 濃くしていきます さらに 自然な彩度を高めます 「色調補正」 から 「自然な彩度」 で 自然な彩度のスライダーを右にドラッグして 地味な背景の色を鮮やかにします 以上 合成画像の背景のレイヤーに 手前から奥に向けて 徐々に明るくなるような効果を加えて 光による奥行き感を演出する方法を 解説しました

PhotoshopとLightroomで行う画像編集ワークフロー

画像編集ソフトのPhotoshopと現像や管理機能に定評のあるLightroomはそれぞれに優れた機能を備えています。このコースではそれぞれのソフトの特徴と基本的な機能、また両者を連携させた使い方を学びます。両ソフトを用いた画像編集のワークフロー(管理→現像→編集→保存→管理)を理解し、効率よく連携しながら編集するためのさまざまな方法を説明します。

3時間09分 (33 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2016年02月16日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。