PhotoshopとLightroomで行う画像編集ワークフロー

PS 背景に被写体の影を追加

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Photoshopで合成した画像に影を加えて自然なイメージをつくる方法を解説します。
講師:
03:22

字幕

このレッスンでは Photoshop で合成した画像に 影を加えて 自然なイメージを 作る方法を解説します ここに草原の背景に シマウマの画像を貼り付けて 作った 合成画像があります 一番上のレイヤーは シマウマを選択して シマウマの選択範囲を レイヤーマスクに変換して シマウマの周りを 透明な状態にして 貼り付けています 背景に馴染むように シマウマを貼り付けていますが シマウマの影がないことで 違和感があります このシマウマの下に 草の凹凸に馴染ませながら 影を加えたいと思います シマウマのレイヤーを選択した状態で 「新規レイヤーを作成」をクリックして 「レイヤー 1」を追加します 作成したレイヤーを白で塗りつぶします 「編集」メニューの 「塗りつぶし」 から 内容を「ホワイト」に設定をして 「OK」をクリックします レイヤーの「描画モード」を 「焼き込みカラー」に変更して 「不透明度」を 50% に設定します ここに影を加えていきます 描画色と背景色を初期設定に戻す を クリックして 描画色を黒にします 「ブラシツール」を選んで ブラシの「サイズ」を 300 「硬さ」をここでは 0 にして ソフトなブラシで シマウマの下をドラッグして 影を描いていきます 少し大きめに 広い範囲を ざっと 塗ってから X キーを押して 描画色と背景色を入れ替えて 描画色を白に変更して 影の輪郭をドラッグして 形を整えていきます これで草の凹凸に馴染ませながら 影が出来上がりました 天候に応じて不透明度を 低くしたり高くして コントラストを調整します 以上 合成した画像に 背景の陰影に合わせて 影を加えて馴染ませるという方法でした

PhotoshopとLightroomで行う画像編集ワークフロー

画像編集ソフトのPhotoshopと現像や管理機能に定評のあるLightroomはそれぞれに優れた機能を備えています。このコースではそれぞれのソフトの特徴と基本的な機能、また両者を連携させた使い方を学びます。両ソフトを用いた画像編集のワークフロー(管理→現像→編集→保存→管理)を理解し、効率よく連携しながら編集するためのさまざまな方法を説明します。

3時間09分 (33 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2016年02月16日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。