Mac OS X El Capitan 基本講座

アップルメニューとメニューバー、ドックを理解する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、OS Xのデスクトップ画面の基本要素であるアップルメニューとメニューバー、ドックについて学習します。
講師:
02:56

字幕

このレッスンではOS10 のデスクトップ画面の最も基本的な要素である、アップルメニューとメニューバーDock について学習します。まず、この様に表示されている画面のことをMac では「デスクトップ」と呼んでいます。ここには様々なファイルやフォルダを置いたりウィンドウを開いて様々な操作を行なうことができます。そして、デスクトップ画面の上にあるのが「メニューバー」と呼ばれる部分です。このメニューバーの一番左端にはApple マークがあります。この Apple マークをクリックするとこの様にメニューが表示されます。このアップルメニューはどの様なアプリが起動していても表示される特別なメニューです。ここから「この Mac について」を選ぶとMac についての基本的な情報を確認することもできます。そして、メニューバーでアップルメニューの右側にあるのが「アプリケーションメニュー」と呼ばれる項目です。このアプリケーションメニューは現在選択されているアプリケーションの様々な操作をするためのメニューです。今はデスクトップを表示したりウィンドウを表示する Finder という基本的なソフトが立ち上がっていますのでこのアプリケーションメニューではFinder と表示されています。 もし、別のアプリを起動した場合はこのアプリケーションはそのアプリの名称に変わります。アプリケーションを起動するにはいくつかの方法がありますがデスクトップの下にあるこの Dock と呼ばれる部分から起動することも可能です。例えば、ここで Web ブラウザのSafari を起動します。Safari を起動するにはこの Dock のアイコンをクリックします。Safari が起動するとメニューバーのアプリケーションメニューもこの様に Safari と変わり選択できる操作もそのアプリ特有のものに変わります。このアプリケーションメニューではそのアプリの様々な操作を行うだけでなくアプリの環境設定や、アプリを終了するという項目を選択できます。そして、メニューバーの右側にもいくつかの項目が表示されています。これは「ステータスメニュー」、あるいは「メニューバー項目」と呼ばれるものです。例えば、入力メニューの切り替えSpotlight の検索通知センターの表示他にも様々なメニューバーの項目を追加することが可能です。このレッスンでは、OS10 のデスクトップ画面の基本要素であるアップルメニュー、メニューバーDock について学習しました。 その他のレッスンでも度々、登場しますのでこの名前と基本的な機能はしっかり押さえておいてください。

Mac OS X El Capitan 基本講座

OS Xはアップルが開発したMacに搭載されているOS(オペレーティングシステム)です。このコースでは初心者でも体系的にMacが操作できるよう、Apple IDの取得方法から、マウスやトラックパッドの操作、デスクトップのウインドウ操作、Safariやメール、カレンダーやiTunesなどの標準アプリケーションの基本操作までひとつひとつ丁寧に紹介します。

5時間24分 (70 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年03月02日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。