Mac OS X El Capitan 基本講座

Macの修飾キーと主要なショートカットキーを知る

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、Macのキーボードに特有の修飾キーと主要なショートカットキーを学習します。
講師:
05:53

字幕

このレッスンではMac のキーボードに特有の修飾キーと主要なショートカットキーについて学習します。OS10 を使用しているとメニューバーなどに不思議なシンボル記号が表示されていることに気が付くかもしれません。例えば、Finder の「ファイル」メニューを表示してみましょう。「ファイル」を選択するとこの、項目の右側にこの様なシンボル記号が表示されています。これらはメニューバーから行う操作をキーボードで行うためのショートカットキーの記号です。このシンボル記号のことを「修飾キー」と呼びあるいは「特殊キー」もしくは「モディファイアキー」などとも呼びます。ここでは日本語入力用のキーボードを前提にこれらの修飾キーについてご説明します。お手元のキーボードを確認するとおおよそ、この様な配列のキーボードになっていると思います。修飾キーは文字を入力する左右に配置されていることがほとんどです。ここでは特に重要なCommand キー、Option キー、Shift キー、Ctrl キーの4つをまず、説明します。Command キーはこの記号です。この Command は命令を実行するために使う修飾キーです。例えば、ファイルのコピーやペースト、あるいはアプリケーションの様々な操作を実行する時に利用します。 Option キーはキーボードの左下の方にあります。この Option キーはWindows で言うところの Alt キーにあたり、違う方法を選択する時に利用する修飾キーです。次に Shift キーですがこれは上方向のシンボル記号が割り当てられています。このキーボードの左右にあるキーがそうです。この Shift キーは英語の大文字を入力する際に利用します。Ctrl キーはこの記号です。こちらも、操作をする際に利用します。これらの修飾キーは単体で押しても何も起こりませんが例えば、コピーであればCommand+C キーの様に組み合わせて利用します。修飾キーには他にもShift を押したままの状態にするCaps Lock キーキーボードの一番左上にある Esc キーその他、日本語入力をするJIS 配列のキーボードであれば入力モードを切り替えるための「かな」キーと「英数」キーがSpace バーの左右に配置されています。この「かな」と「英数」キーを利用すればメニューバーのアイコンから「英字」と「ひらがな」を切り替えなくてもキーボードの操作だけで「かな」と「英数」入力が切り替えることができます。これらの修飾キーのシンボル記号を覚えておくとメニューバーを表示した時にどの様なショートカットを利用するのかがわかるようになります。 もちろん、最初から全てのショートカットキーを覚えておくことは難しいです。そのため、シンボル記号の意味はFinder の「ヘルプ」から「メニューに表示される記号」と検索するといつでも確認することが可能です。Finder の「ヘルプ」をクリックし「検索」に「メニューに表示される記号」と日本語で入力します。すると、「ヘルプトピック」に「メニューに表示される記号」がありますのでこれを選択します。ここには修飾キーの名前とシンボルの対応の一覧表が表示されています。次に、実際に修飾キーを組み合わせたショートカットについてご説明します。例として、Web ブラウザのSafari を起動してみます。Dock メニューからSafari のアイコンをクリックします。通常、Safari を終了するにはメニューバーのアプリケーションメニューからSafari を選択し「Safari を終了」を選択します。ここには Command キー + Q キーのショートカットが表示されています。このショートカットキーを覚えていれば例えば、 Safari を起動した際にCommand キーと Q キーを同時に押すことですぐに終了できます。 また、Finder メニューから新規 Finder ウィンドウを表示する際も「ファイル」>「新規 Finder ウィンドウ」と選択しなくてもCommand キー+ N キーを押せばこの様に表示されます。さらに、例えば、全ての項目を選択してコピーして別の場所に貼り付けたい場合ショートカットを利用しない場合はマウス、またはトラックパッドでこの様にファイルを選択しFinder >「編集」>「10 項目をコピー」を選択し別の場所を選んで「編集」>「10 項目をペースト」を選択します。取り消す場合は「編集」>「取り消す」を選択します。この一連の操作をショートカットキーを利用すればまず、「すべてを選択する」のショートカットであるCommand+A キーを押します。そして、コピーをするためのCommand+C キーを押します。別の場所を選択して貼り付けるためのCommand+V キーを押します。取り消す場合はCommand+Z キーを押します。この様に、キーボードだけで一連の操作が可能になりました。これらのショートカットキーは共通の操作も多いのでなるべく覚えておきましょう。ここでは、Mac の修飾キーと主要なショートカットキーについてご説明しました。 簡単なものから覚えていくことでMac の操作を効率的に行うことが可能になります。

Mac OS X El Capitan 基本講座

OS Xはアップルが開発したMacに搭載されているOS(オペレーティングシステム)です。このコースでは初心者でも体系的にMacが操作できるよう、Apple IDの取得方法から、マウスやトラックパッドの操作、デスクトップのウインドウ操作、Safariやメール、カレンダーやiTunesなどの標準アプリケーションの基本操作までひとつひとつ丁寧に紹介します。

5時間24分 (70 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年03月02日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。