Mac OS X El Capitan 基本講座

マウスの基本操作を知る

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、マウスの基本操作であるクリック、右クリック、ドラッグ操作に加え、Magic Mouseのジェスチャー機能について学習します。
講師:
07:15

字幕

このレッスンではマウスの基本操作であるクリック、右クリック、ドラッグ操作に加えマジックマウスのジェスチャー機能について学習します。マウスはコンピューター用の入力機器の1つでカーソルと呼ばれる矢印のアイコンで場所を指し示すことからポインティングデバイス等とも呼ばれます。Mac との接続方法には有線接続と無線接続があります。ここでは、まず一般的なUSB ケーブルで接続する有線マウスの設定についてご紹介します。マウスの設定を表示するにはシステム環境設定を開きます。Apple メニューの「システム環境設定」を選びこのマウスパネルをクリックします。有線接続のマウスの場合は非常に設定はシンプルです。カーソルの軌跡の速さを調整したりスクロールの速さ、あるいはダブルクリックの間隔の速度などを調整できます。このスクロールは縦方向に長いウィンドウ等を移動する際の操作方法です。例えば Web ページを表示してマウスの中央にあるスクロールホイールなどを操作すると、この様に上下に移動します。この操作をスクロールと呼んでいます。また、マウスボタンが2つあった場合は左側のボタンと右側のボタンどちらをメインのボタンにするかを選択することも可能です。 マウスのメーカーによっては独自の機能を追加してある場合もあります。次に Apple 純正のマジックマウスの場合の設定について紹介します。マジックマウスはワイヤレスで接続するため事前に Bluetooth の設定でペアリング作業を行っておく必要があります。「Bluetooth マウスを設定」をクリックしマウスを検出します。検出された場合は「続ける」をクリックします。接続が完了するとこの様な設定画面に変わります。設定には「ポイントとクリック」「その他のジェスチャー」を切り替えることが可能です。「ポイントとクリック」では基本的なマウスの設定を行えます。ここでは「スクロールの方法」「副ボタンのクリック」「スマートズーム」等を設定できます。まず「スクロールの方法」の設定について見ていきましょう。通常の画面のスクロールを確認します。スクロールホイールなどがないマジックマウスではマウスの表面を一本指でなぞるように動かすことでスクロール操作が可能です。通常は上から下方向になぞると画面の下方向に向かって移動し下から上方向になぞると画面の上の方向に移動します。マジックマウスでは、このスクロールを逆方向にするナチュラルスクロールの設定も可能です。 マウスの設定で「スクロールの方向」の「ナチュラル」からチェックボックスを入れます。すると、先程と逆で上から下方向に指を動かすと上方向に下から上に動かすと下の方向に移動します。これは実際に存在する紙を動かす場合の動きと一緒と考えてもよいでしょう。次に副ボタンクリックについて解説します。副ボタンクリックは Windows で言う所の右クリックにあたります。マジックマウスの場合は左右のいずれかをクリックすることでオプション的な項目を表示することができるので、右クリックではなく副ボタンクリックと呼んでいます。副ボタンクリックを有効にするにはこのチェックボタンをクリックします。ここで右側のボタンを副ボタンにするか左側のボタンを副ボタンにするかを選択できます。ここでは右側をクリックに選択します。この副ボタンクリックを有効にしていると例えば、この様な Web ページで副ボタンクリックをするとこの様にメニューが表示されます。このオプション的な項目を表示するメニューをコンテキストメニューとも呼び操作するシチュエーションによって表示されるメニューの内容は変わります。例えばファインダーで副ボタンクリックをすれば新規のフォルダ等を作成することが可能です。 次に「スマートズーム」ですがこれはマジックマウスの表面を一本指で2回軽くたたくことで行える操作です。「スマートズーム」を有効にします。Web ブラウザなどであれば拡大したい部分にカーソルを合わせ一本指で2回タップします。すると、この様に大きく拡大されます。再び一本指で2回タップするとこの様に元の大きさに戻ります。この「スマートズーム」を有効にする設定がマウスにあります。次に「その他のジェスチャー」について解説します。この「その他のジェスチャー」タブをクリックし例えば「ページ間をスワイプ」にチェックボックスを入れます。スワイプ操作とはマジックマウスの表面を指先で左右に移動させる操作です。例えば Web ブラウザに移動してマジックマウスの表面を右から左方向に指先をスワイプさせるとこの様にページを表示することが可能です。逆に左から右方向にスワイプすればこの様に移動することも可能です。この「フルスクリーンアプリケーション間をスワイプ」これも基本的には同じ考え方です。この機能を有効にするにはこのチェックボックスをクリックします。アプリケーションはウィンドウタイトルバーの緑ボタンをクリックすることでフルスクリーン表示に切り替えられます。 このフルスクリーン表示とデスクトップの間を移動する場合あるいはフルスクリーンアプリ同士を移動する場合は2本指で左右にスワイプします。この様に移動することができます。最後に「Mission Control」ですがこれは現在デスクトップなどにどのようなウィンドウが開いているのかを確認するための機能です。「2本指でダブルタップ」の操作が割り当てられていますのでマジックマウスの表面を2本指で2回タップします。例えば、この様に複数のアプリケーションウィンドウが開いている時に2本指でダブルタップをするとこの様に表示されます。これが「Mission Control」の機能です。それぞれのジェスチャーの項目には右側にアニメーション表示がされてますのでこちらを確認しながらでもマウスのジェスチャーについて学ぶことは可能です。このレッスンではマウスの基本操作であるクリック、副ボタンクリック、ドラッグ操作に加え、マジックマウスのジェスチャー機能について学習しました。

Mac OS X El Capitan 基本講座

OS Xはアップルが開発したMacに搭載されているOS(オペレーティングシステム)です。このコースでは初心者でも体系的にMacが操作できるよう、Apple IDの取得方法から、マウスやトラックパッドの操作、デスクトップのウインドウ操作、Safariやメール、カレンダーやiTunesなどの標準アプリケーションの基本操作までひとつひとつ丁寧に紹介します。

5時間24分 (70 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年03月02日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。