Mac OS X El Capitan 基本講座

トラックパッドの基本操作を知る

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、トラックパッドの基本操作であるタップ、スワイプ、ピンチなどのジェスチャー操作について学習します。
講師:
07:07

字幕

このレッスンではトラックパッドの基本操作であるタップ、スワイプ、ピンチ等のジェスチャー操作について学習します。トラックパッドとは、板状の入力機器のことでMac では、MacBook 等のノート型の Mac には標準で搭載されています。また、外付けのトラックパッドとしてApple 純正の Magic Trackpad が発売されています。トラックパッドの設定はシステム環境設定から行います。アップルメニューをクリックし「システム環境設定」を表示します。この「トラックパッド」パネルをクリックします。ここには「ポイントとクリック」「スクロールとズーム」「その他のジェスチャ」に関する設定が行えます。「ポイントとクリック」では「調べる&データ検出」「副ボタンのクリック」「タップでクリック」の3つが設定できます。まず、「調べる&データ検出」ですがこれはトラックパッドの表面を3本指で軽くタップすることで行える操作です。例えば、ウェブページを表示して調べたい単語の上にカーソルを合わせます。このレッスンという文字の上にカーソルを合わせたらトラックパッドの表面を3本指で軽く叩きます。すると、このようなウィンドウがポップアップし単語の意味等が表示されます。 これがデータの検出と調べるの機能です。次に「副ボタンのクリック」ですがこれはウィンドウズ用のマウスで言う右クリックに当たる機能です。Magic Trackpad の場合は2本指でクリックするか右下隅、左下隅をクリックすることで表示することが可能です。トラックパッドで副ボタンのクリックを有効にしている場合、例えば、デスクトップ上で2本指でクリックするとこのようなメニューが表示されます。このメニューのことをコンテキストメニューとも呼び状況に応じて様々なオプション的な項目を表示することが可能です。そして「タップでクリック」ですがこれはトラックパッドの表面を強く押してクリックする代わりにトラックパッドの表面を軽く押すことでクリックと同じ操作を得られる設定です。次に、「スクロールとズーム」を解説します。この画面では、「スクロールの方向」や「拡大/縮小」「スマートズーム」「回転」といった機能を設定することができます。OS10 では、トラックパッドの表面を2本指で上下に移動させることでスクロール操作が可能です。例えば、ウェブページを表示します。このような画面で2本指で上下方向に動かすことでスクロールが可能です。トラックパッドの設定ではこのスクロールの方向を指の動きと連動させるナチュラルスクロールの設定が可能です。 次に「拡大/縮小」ですがこれは2本指の間を広げたり、狭めたりするピンチ操作で行います。例として、画像ファイルを表示します。ここで、画像の一部を拡大したい場合は2本指をトラックパッドの上で滑らせるように広げます。その逆に、指の間を狭めることで画像を縮小表示できます。同様に、トラックパッドの表面を2本の指でタップしたまま、左右に回転させることで画像の回転を行います。時計方向に指を回転させればこのように画像も右方向に回転します。反時計周りに指を回転させれば逆方向に画像が回転します。2本指でダブルタップをすると「スマートズーム」という機能が利用できます。例としてウェブページを表示します。ここで、拡大したい部分にカーソルを合わせ2本指でダブルタップします。すると、このように画面の一部が拡大されました。もう1度ダブルタップすると元の大きさに戻ります。最後に「その他のジェスチャ」ですがこれは非常に多くの機能があります。2本の指でトラックパッドの表面を左右に移動させるスワイプ操作。3本指で左右にスワイプした場合はフルスクリーンアプリの画面の間を移動できます。また、画面の右端から2本指で左側にスワイプすると「通知センター」が表示できます。 複数のウィンドウを一覧表示できる「 Mission Control 」を起動するには3本指で下から上に向かってスワイプ操作をします。この設定は、3本指ではなく4本指に変更することも可能です。そして、「アプリケーション Expose 」これを有効にしておくと例えば、1つのアプリで複数のウィンドウを開いている時にそのアプリのウィンドウを一覧表示できます。ここでは、ウェブブラウザのSafari で試してみましょう。このように Safari のウィンドウが複数表示されている時に3本指で上から下方向にスワイプするとこのようにウィンドウが、一覧表示できます。これが「アプリケーション Expose 」の機能です。この設定も3本指ではなく4本指に切り替えることが可能です。アプリケーションを管理する「 Launchpad 」を起動するには親指と3本指の間を狭めるようなピンチ操作で起動できます。そして、「デスクトップを表示」では親指と3本指の間を広げることで今デスクトップに開いているウィンドウを画面の脇によけることができます。例えば、複数のウィンドウを開いている時に親指と3本指の間を広げるようなピンチ操作をするとこのように、画面の脇にウィンドウが移動します。 このレッスンでは、トラックパッドの基本操作であるタップ、スワイプ、ピンチ等のジェスチャー操作について学習しました。トラックパッドを活用することで指先だけで様々な操作を行うことが可能です。

Mac OS X El Capitan 基本講座

OS Xはアップルが開発したMacに搭載されているOS(オペレーティングシステム)です。このコースでは初心者でも体系的にMacが操作できるよう、Apple IDの取得方法から、マウスやトラックパッドの操作、デスクトップのウインドウ操作、Safariやメール、カレンダーやiTunesなどの標準アプリケーションの基本操作までひとつひとつ丁寧に紹介します。

5時間24分 (70 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年03月02日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。