Mac OS X El Capitan 基本講座

ユーザアカウントを管理する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、マルチユーザの機能とゲストアカウントについて学習します。
講師:
06:48

字幕

このレッスンでは、OS10 のマルチユーザー機能とゲストアカウントログインオプションについて学習します。OS10 というシステムは1人で利用することも可能ですが複数のユーザーで利用することも可能です。この複数のユーザーで利用することをマルチユーザー機能とも呼びます。OS10 のログイン画面では、このように複数のユーザーがアイコンで表示されています。それぞれのユーザーには別々のデスクトップが用意されていますのでOS10 を利用するにはそのアイコンをクリックしてログインパスワードを入力します。このマルチユーザー機能を管理するにはシステム環境設定を表示します。アップルメニュー>「システム環境設定」を選択します。このシステム環境設定の「ユーザとグループ」パネルをクリックします。ここには、現在ログインしているユーザーとそれ以外のユーザーが表示されています。ユーザーを追加したり、削除するにはOS10 の管理者権限が必要です。現在ログインしているユーザーが管理者権限を持っているのであれば左下にある鍵アイコンをクリックしてロックを解除します。ここで、管理者パスワードを入力します。ロックが解除されたら、管理者は新たにユーザーを追加することが可能です。 この「+」ボタンをクリックします。すると、新しいアカウントを設定する画面になりますがユーザーのアカウントにはいくつかの種類があります。まず、「管理者」ですがこれは先ほど説明したように新たにユーザーを追加したり削除する権限を持ちます。あるいは、ユーザー全員が利用できるようにアプリをインストールすることも可能です。次に、「通常」アカウントですが、こちらはアプリのインストールをすることはできますが管理者のようにユーザーを追加することはできません。そして、「ペアレンタルコントロールで管理」こちらは未成年など、OS10 の利用に制限をかけたいユーザーの場合に設定します。アクセスを許可する項目は管理者が個別に設定することが可能です。その他、共有ファイルにのみアクセスできる「共有のみ」あるいは、複数のユーザーに同じアクセス権を与える「グループ」なども設定可能です。ここでは、「通常」アカウントを選択します。追加する新しいユーザーのフルネームを入力します。フルネームを入力すると自動的にアカウント名が表示されますがこれは、この段階では変更することが可能です。このアカウント名はホームフォルダの名前としても利用されますので後から変更することは難しいです。 なお、アカウント名は半角英数のみが利用できます。次に、ログインするためのパスワードを設定します。ここでは、iCloud で利用しているパスワードを使用することもできますが個別にパスワードを設定することも可能です。iCloud パスワードを利用すれば1つのパスワードを覚えておくだけでよいのですがセキュリティの観点等を考えると別のパスワードを設定するほうが安全でしょう。ここでは、「別のパスワードを使用」を選択します。確認として、もう1度同じパスワードを入力します。ここにパスワードのヒントを入力することも可能です。設定したら、「ユーザを作成」をクリックします。すると、通常のアクセス権を持ったユーザーが追加されます。なお、ユーザーのアイコンはカーソルを合わせて「編集」ボタンをクリックすることで変更することが可能です。通常のユーザーに後から管理者権限を与えるには「このコンピュータの管理を許可」にチェックボックスを入れます。このアクセス権の変更は Mac を再起動した後に適用されます。また、ユーザーのアクセス権をペアレンタルコントロールで設定するにはこの「ペアレンタルコントロールを適用」をクリックします。 具体的に管理する項目を設定するにはこの「ペアレンタルコントロール」ボタンをクリックします。ここで管理者パスワードを入力します。ロックを解除します。ペアレンタルコントロールの設定画面では利用可能なアプリケーションアクセスできるウェブサイトあるいは、利用できるストアの種類利用可能な日付や時間帯その他、位置情報や連絡先などプライバシー情報へのアクセスの設定その他、周辺機器の設定や子供向けのシンプル Finder を使用するといった設定も変更することが可能です。そして OS10 では、ゲストユーザーというアカウントもあらかじめ用意されています。こちらは、Mac を一時的に人に貸す場合等に利用するアカウントです。このゲストユーザーは、ログアウトした際に履歴やデータ、ホームフォルダの情報等が自動的に削除されます。最後に、ログインオプションについて確認します。ログインオプションでは、自動ログイン等様々な設定を行うことが可能です。自動ログインは、ログイン画面でパスワードを入力しなくても設定したユーザーでログインする機能です。その他、「ファストユーザースイッチメニュー」を有効にしておくとメニューバーに、現在ログインしているユーザーのメニューが現れこのアイコンを選択することで別のユーザーでログインすることが可能です。 なお、現在ログインしているユーザーを選択すると「ログイン項目」という表示があります。ここをクリックするとログインした際に自動的に起動するアプリケーション等を設定できます。このレッスンでは、OS10 のマルチユーザー機能とゲストアカウントログインオプションについて学習しました。家族などで1台の Mac を使う際には設定しておきましょう。

Mac OS X El Capitan 基本講座

OS Xはアップルが開発したMacに搭載されているOS(オペレーティングシステム)です。このコースでは初心者でも体系的にMacが操作できるよう、Apple IDの取得方法から、マウスやトラックパッドの操作、デスクトップのウインドウ操作、Safariやメール、カレンダーやiTunesなどの標準アプリケーションの基本操作までひとつひとつ丁寧に紹介します。

5時間24分 (70 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年03月02日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。