Mac OS X El Capitan 基本講座

ホームフォルダの働きを知る

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、ホームフォルダの基本的な役割、フォルダの階層構造、マイファイルについて学習します。
講師:
03:29

字幕

このレッスンではホームフォルダの基本的な役割フォルダの階層構造マイファイルについて学習します。ホームフォルダは現在ログインしているユーザーが利用できる領域のことです。Finder ウィンドウで表示するとこのように、いくつかのフォルダが表示されます。もし、マイファイル等別の場所が表示されている場合はメニューバーの「移動」メニュー>「ホーム」を選択します。ここで、ホームフォルダをカラム表示に切り替えてみます。カラム表示では、ホームフォルダはこのように表示され「ユーザ」というフォルダの中の1つのフォルダであることが分かります。現在ログインしているユーザー以外にも「Guest」や「Administrator」等別のユーザーもあります。現在ログインしているユーザーが別のユーザーの「パブリック」フォルダ以外のフォルダにアクセスすることはできません。このように、進入禁止マークが表示されています。ホームフォルダの中には、初期設定で「アプリケーション」や「ダウンロード」「デスクトップ」「パブリック」「ピクチャ」「ミュージック」「ムービー」「書類」といったフォルダが用意されています。例えば、写真アプリであれば「ピクチャ」フォルダの中に写真のライブラリが作成されます。 同様に、iTunes であれば「ミュージック」フォルダiMovie であれば「ムービー」フォルダにそれぞれライブラリが作成されます。ですが、ユーザーはこのフォルダ分けを気にする必要はほとんどありません。個人的なデータは「書類」フォルダ等に保存しておきましょう。また、iCloud を利用しているのであればiCloud Drive に保存しても構いません。iCloud Drive は、サイドメニューの「よく使う項目」から「iCloud Drive」を選択することで表示できます。ホームフォルダ内の各フォルダへは移動メニューからアクセスできます。このように、OS10 のシステムはフォルダが、階層構造になっていることが分かります。このデスクトップ画面もまた1つのフォルダとなります。例えば、デスクトップに新規のフォルダを作成します。「ファイル」メニュー>「新規フォルダ」を選択します。すると、デスクトップに作成された「名称未設定フォルダ」はこのように、Finder ウィンドウのデスクトップの中に表示されています。このように、フォルダによって構成されているOS10 ですがいくつかの例外もあります。例えば、「よく使う項目」にある「マイファイル」を選択します。 このマイファイルは特定のフォルダの階層構造を表示しているのではありません。これは、指定された条件に合ったファイルだけが表示される機能です。例えば、ツールバーの並び替えボタンをクリックします。現在は、ファイルの並び替えは「なし」になっていますがこれを例えば、「種類」を選択します。すると、ファイルが「書類」「イメージ」「PDF」のような種類ごとに分類され、表示されています。これによって、フォルダの場所には関係なくファイルの種類だけで項目を選び出すことができるわけです。このレッスンではホームフォルダの基本的な役割フォルダの階層構造、そしてマイファイルについて学習しました。このフォルダとマイファイルの違いを理解すると、Finder ウィンドウはより使いやすくなります。

Mac OS X El Capitan 基本講座

OS Xはアップルが開発したMacに搭載されているOS(オペレーティングシステム)です。このコースでは初心者でも体系的にMacが操作できるよう、Apple IDの取得方法から、マウスやトラックパッドの操作、デスクトップのウインドウ操作、Safariやメール、カレンダーやiTunesなどの標準アプリケーションの基本操作までひとつひとつ丁寧に紹介します。

5時間24分 (70 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年03月02日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。