Mac OS X El Capitan 基本講座

デスクトップピクチャを設定する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、デスクトップピクチャの変更方法とスクリーンセーバの機能について学習します。
講師:
04:35

字幕

このレッスンではデスクトップピクチャーの変更方法とスクリーンセーバーの機能について学習します。デスクトップピクチャーはこのデスクトップの背景部分に画像などを割り当てることで俗に「壁紙」などとも呼ばれます。設定を呼び出すにはメニューバーのアップルメニューから「システム環境設定」を開き「デスクトップとスクリーンセーバー」パネルをクリックします。現在は「デスクトップ」にこの無地の色が選択されていますが別の色に切り替えることも可能です。また、ここに無い色は「カスタムカラー」ボタンをクリックしカラーホイールボタンを選択することで自由に色を変更することが可能です。更に「デスクトップピクチャー」フォルダを選択するとあらかじめ OS10 で用意されている様々な壁紙を切り替えて利用することができます。また、用意されているデスクトップピクチャー以外にも自分で撮影した写真を割り当てることが可能です。写真アプリに自分の写真を登録している場合はこの「写真」を開き「アルバム」を選択します。ここからデスクトップピクチャーにしたい写真を選択します。縦方向に長い写真を選択した場合はこの様に、画像の一部が切り取られて表示されます。 この割り当ては「画面全体に表示」あるいは「画面に収まるサイズで表示」その他「引き伸ばして画面全体に表示」「中央に配置」などが選択できます。余白の部分はこのボタンをクリックしカラーホイールから色を変更することが可能です。このデスクトップピクチャーは自動的に変更することも可能です。その場合、「ピクチャを変更」にチェックボックスを入れて「30 分ごと」や「15 分ごと」など切り替わる間隔を選択します。更に、表示する順番をランダムにすることも可能です。次に、スクリーンセーバーの機能について説明します。スクリーンセーバーは一定時間 Mac を操作しない時に自動的に画像や動画などが表示される機能です。「システム環境設定」の「デスクトップとスクリーンセーバー」パネルのこの「スクリーンセーバー」のタグをクリックします。ここでは、様々な画像の切り替えが選択できますのでこの中から切り替えたい効果を選択します。また、表示する画像は「ピクチャー」から選択します。画像の効果を見たい場合は「プレビュー」ボタンをクリックします。すると、この様に実際のスクリーンセーバーの画像がプレビューできるわけです。もう一度クリックするとこのプレビューは解除されます。 このスクリーンセーバーの開始までの時間や「時計と一緒に表示」するかどうかあるいは「ホットコーナー」ボタンをクリックすることで画面の四隅にカーソルを合わせた時にスクリーンセーバーを起動することも可能です。例えば、ホットコーナーを画面の右上に設定するとカーソルを画面の右上に合わせた時に自動的にスクリーンセーバーが起動します。スクリーンセーバーはキーボードを入力したりマウスを動かすと解除されます。このレッスンではデスクトップピクチャーの変更方法とスクリーンセーバーの機能について学習しました。お好みの写真などをデスクトップピクチャーに設定すると楽しく枠が利用できるでしょう。

Mac OS X El Capitan 基本講座

OS Xはアップルが開発したMacに搭載されているOS(オペレーティングシステム)です。このコースでは初心者でも体系的にMacが操作できるよう、Apple IDの取得方法から、マウスやトラックパッドの操作、デスクトップのウインドウ操作、Safariやメール、カレンダーやiTunesなどの標準アプリケーションの基本操作までひとつひとつ丁寧に紹介します。

5時間24分 (70 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年03月02日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。