Mac OS X El Capitan 基本講座

タブウインドウの基本操作を知る

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、複数のウインドウを1つのウインドウで管理するタブウインドウの基本操作について学習します。
講師:
03:49

字幕

このレッスンでは、複数のウィンドウを1つのウィンドウで管理するタブウィンドウの基本操作について学習します。Macを使っていると、このようにデスクトップに複数のファインダーウィンドウが開いてごちゃごちゃしてしまうことがあります。そのような場合にはメニューバーのファインダーのファイルメニューから「新規タブ」を選択します。あるいは、command キーと P キーを同時に押すことでもタブが作成されます。するとこのように一番前に出ているファインダーウィンドウにタブバーが表示されました。このウィンドウ内で様々な操作をすることが可能です。タブをクリックするとこのように画面が切り替わります。更に新しいタブを追加するには先ほどと同じように、ファイルメニューから「新規タブ」を選択するかこのタブバーの右端にある+ボタンをクリックします。+ボタンをクリックするとこのようにタブが追加されてまた別の場所を表示させることができます。表示されているタブの順番はマウスまたはトラックパッドでクリックしたままドラッグすることで順番を入れ替えられます。例えば、このタブを左側に移動するにはこの様にドラッグし、指を放します。するとタブの順番が入れ替わりました。 タブウィンドウの中にあるファイルを別のタブに移動することもできます。例えば、この様にファイルを選択し別のタブにドラッグします。すると、こちらのタブにファイルが移動しました。タブを閉じる場合には、このタブバーの左側にある、閉じるボタンをクリックします。また、すでに複数のウィンドウが開いている場合はウィンドウメニューから「すべてのウィンドウを結合」を選びます。すると、このように1つのタブウィンドウでウィンドウがまとまります。このタブをまた別のウィンドウにすることも可能です。その場合、タブをクリックしたままドラッグしこの様に別ウィンドウで開くことができます。またタブバーを常に表示した状態にしておくにはファインダーの表示メニューから「タブバーを表示」を選択します。するとウィンドウが1つでもこの様にタブバーが表示されています。この様にタブは複数のウィンドウを自由に移動することも可能です。更に、タブの間を移動するにはこの様にタブをクリックするのが普通ですが例えば、ウィンドウメニューの「次のタブを表示」あるいは、「前のタブを表示」で移動することも可能です。このタブウィンドウの間を移動するのにメニューバーのウィンドウメニューから移動するのは大変と思われるかもしれません。 その場合は、control キーと tab キーを押すことでタブを順番に入れ替わることができます。一回押すと次のタブに移動します。もう一度押すと次のタブに移動します。何度も押しているとこの様にタブの間を順番に移動することが可能です。なお shift キーと control キーと tab キーを押すと逆順にタブを切り替えることも可能です。そしてファインダーウィンドウの左上にある閉じるボタンをクリックすればすべてのタブを閉じることができます。このレッスンでは、複数のウィンドウを1つのウィンドウで効率的に管理するタブウィンドウの機能について学習しました。効率的にデスクトップ操作をするための基本ですので是非覚えておきましょう。

Mac OS X El Capitan 基本講座

OS Xはアップルが開発したMacに搭載されているOS(オペレーティングシステム)です。このコースでは初心者でも体系的にMacが操作できるよう、Apple IDの取得方法から、マウスやトラックパッドの操作、デスクトップのウインドウ操作、Safariやメール、カレンダーやiTunesなどの標準アプリケーションの基本操作までひとつひとつ丁寧に紹介します。

5時間24分 (70 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年03月02日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。