Mac OS X El Capitan 基本講座

Mission Controlで画面を操作する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、複数のアプリを管理するMission Control(ミッション・コントロール)の機能とSplit View(スプリットビュー)について学習します。
講師:
07:20

字幕

このレッスンでは、複数のアプリを管理するMission Control の機能とSplit View について学習します。Mission Control は開かれている複数のアプリを1つのウインドウで管理するための機能です。Mission Control を起動するにはトラックパッドの場合、3本指で下から上の方向に向けてスワイプします。キーボードショートカットは2種類ありキーボードの一番上の列にある F3 と書かれたファンクションキーを押すかあるいは Ctrl キーと上方向の矢印キーを同時に押します。すると、デスクトップに開かれていたすべてのアプリのウィンドウがこのように重ならないように表示されます。この画面から一番手前に表示したいアプリを選択することもできます。もう一度、Mission Control 画面に切り替えます。また、Mission Control では仮想的なデスクトップを追加して操作スペースを増やすこともできます。デスクトップを増やすにはカーソルを画面の上の方に移動します。現在のデスクトップは、このように「デスクトップ1」と表示されています。そして、右側にあるこの+(プラス)ボタンをクリックすることで「デスクトップ2」が追加されます。 この追加されたデスクトップにアプリを開きたい場合は下にあるサムネイル画像をドラッグします。ここでは Safari のウインドウを「デスクトップ2」に開いてみます。ウィンドウ以外の部分をクリックしてMission Control を解除します。先程の「デスクトップ1」がこの画面です。Safari のウィンドウが開かれたデスクトップに操作スペースを切り替えるにはトラックパッドであれば3本指で左右にスワイプキーボードであればCtrl キーを押しながら左右の矢印キーを押します。こちらが先程の「デスクトップ2」です。このように、複数のデスクトップを有効に活用できるのがMission Control 機能です。もう一度、Mission Control の画面に戻ります。今は「デスクトップ2」で開かれているウィンドウだけが表示されています。「デスクトップ1」に直接切り替えることもできます。例えば、もう1つのアプリをデスクトップ2に割り当てることもできます。この「メモ」のウインドウを「デスクトップ2」に重ねます。すると「デスクトップ2」では先程の Safari と「メモ」のウィンドウが開いています。さらに、デスクトップとは別にアプリケーションをフルスクリーンで割り当てることもできます。 例えば、このマップアプリをフルスクリーンで開くには、ウィンドウをクリックしたままドラッグし、「マップ」の+(プラス)画面が表示されたらここでドロップします。すると、「デスクトップ2」の右側に「マップ」が表示されました。このアイコンをクリックするとマップがフルスクリーン表示されます。フルスクリーンアプリとデスクトップの間は先程のジェスチャーやショートカットで移動できます。今は左から「デスクトップ1」「デスクトップ2」「マップ」の順番で並んでいますがこの順番は、ドラッグすることで自由に入れ替えられます。さらにフルスクリーンを解除するにはこの左上のボタンをクリックします。デスクトップの場合は、カーソルを合わせ左上の閉じるボタンをクリックします。いったん元のデスクトップに戻ります。次に Split View の機能についてご説明します。Split View は、アプリのフルスクリーン表示をさらに強化したものになります。通常、アプリをフルスクリーン表示にするには先程の Mission Control を利用するかウィンドウタイトルバーにある緑のボタンをクリックします。するとメニューバーや Dock が隠れてアプリのウインドウがデスクトップいっぱいに広がります。 このフルスクリーン表示を解除するにはカーソルを画面の上部に移動しメニューバーが表示されたらウィンドウタイトルバーの緑ボタンをもう一度、クリックします。Split View では、デスクトップを左右2分割して2つのアプリを同時にフルスクリーン表示できます。先程と同じようにウィンドウタイトルバーの緑のボタンを長押しするとこのように、左右のいずれかに割り振る画面に切り替わります。ここでは左側に表示します。すると、残りのウインドウが右側に表示されます。ここでは右側に開きたいアプリのウィンドウをクリックします。ただし、このようにフルスクリーンでは表示できないアプリもありますので、注意してください。ここでは「メモ」をクリックします。すると、画面の左側に Safari画面の右側に「メモ」動画のレッスンを見ながらメモを取るといったことが可能になります。さらに、この Split View の左右の比率は中央のバーをドラッグすることで変更できます。今、左右のどちらのアプリを操作しているのかはカーソルを画面の上部に合わせてメニューバーを見ることで確認できます。今は「メモ」が選択されています。左側のウインドウをクリックするとSafari に切り替わっています。 Split View を解除するには解除したいアプリを選択しウィンドウタイトルバーの緑のボタンをクリックします。この時、 Safari のウインドウはフルスクリーンのまま残っています。こちらのフルスクリーン表示も解除します。さて、Mission Control はあまり知られていないもう1つの機能もあります。例えば、デスクトップに何らかのファイルが保存してあった場合開かれているウィンドウを一時的に周りに退けることができます。トラックパッドの場合は親指と3本指を同時に広げます。キーボードの場合はFn と書かれたファンクションキーと F11 キーを同時に押します。すると、このようにデスクトップが表示されます。最後に、Mission Control の設定を確認します。Mission Control の設定はアップルメニューから「システム環境設定」を開きMission Control パネルをクリックします。ここでは操作スペースの並び替えの設定やショートカットの変更などが行えます。このレッスンでは、Mission Control とSplit View の基本を学習しました。これで複数のアプリを効率的に操作できるようになります。

Mac OS X El Capitan 基本講座

OS Xはアップルが開発したMacに搭載されているOS(オペレーティングシステム)です。このコースでは初心者でも体系的にMacが操作できるよう、Apple IDの取得方法から、マウスやトラックパッドの操作、デスクトップのウインドウ操作、Safariやメール、カレンダーやiTunesなどの標準アプリケーションの基本操作までひとつひとつ丁寧に紹介します。

5時間24分 (70 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年03月02日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。