Mac OS X El Capitan 基本講座

快適な閲覧をするには

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、SafariでのWebブラウジングをより快適にするための設定や、表示の拡大/縮小、スマートズーム、単語を調べる機能について学習します。
講師:
06:09

字幕

このレッスンではSafari での Web ブラウジングをより快適にするための基本設定や表示の拡大や縮小、スマートズーム、単語を調べる機能について学習します。まず、 Safari の設定を自分の好みに変更するにはSafari の環境設定を表示します。メニューバーにあるSafari >「環境設定」を選択します。この「一般」という項目ではSafari を起動した時の動作などを変更できます。今、「Safari の起動時」という項目は「新規ウィンドウ」になっていますがこれを「新規プライベートウィンドウ」や「最後のセッションの全ウィンドウ」に変更できます。「新規プライベートウィンドウ」とは閲覧の履歴などの情報を残さないウィンドウです。「最後のセッション」とは直前まで開いていたWeb ページのことです。次に、「新規ウィンドウを開く場合」の動作ですが現在は「お気に入り」になっていますがこちらは「ホームページ」や「空のページ」、「同じページ」などを選択できます。「空のページ」とは全く何も表示されないウィンドウのことです。試しに「空のページ」に変更してみます。ここで「ファイル」>「新規ウィンドウ」を選択するとこの様に、何も表示されないウィンドウが表示されます。 そして、「ホームページ」は自分の好きな Web サイトを登録できます。この「ホームページ」という項目にURL アドレスを入力します。例えば「ホームページ」としてlynda.jp を登録します。すると「ファイル」>「新規ウィンドウ」を開いた時にこの様に lynda.jp のサイトが表示されます。次に、表示の拡大と縮小の機能について見ていきましょう。試しに、スマート検索フィールドに日本語で「エル・キャピタン」と入力してみます。そうすると、検索結果にオンライン百科事典のWikipedia の項目が表示されたのでこちらをクリックします。ここで、Web ページの文字を見やすい大きさに調整します。キーボードショートカットの場合は日本語のキーボードではCommand キー、 Shift キー、+ (プラス)キーを同時に押します。一度押すと、この様に拡大されもう一度押すと更に拡大されます。文字を縮小するにはCommand キーと- (マイナス)キーを押します。この様に、文字の大きさをキーボードで拡大と縮小ができます。そして、もしトラックパッドを使っている場合はスマートズームというユニークな機能を利用できます。 スマートズームは文字を拡大したい部分にカーソルを合わせ2本指でダブルタップします。すると、この様に表示されました。もう一度ダブルタップすると元のサイズに戻ります。このスマートズームの面白いところはタップする所によって文字の拡大するサイズが変わることです。例えば、真ん中の部分をダブルタップするとこの様に表示されます。また、この様な部分をダブルタップすると大きく表示されます。あるいは、2本の指の間を広げたり狭めたりするピンチ操作によっても拡大 / 縮小ができます。また、別のページに移動したい場合はトラックパッドの場合2本指スワイプでページの進む / 戻る機能を利用できます。2本指で左から右にスワイプすると前のページに戻ります。逆に、[右から左に]スワイプすると次のページに移動します。最後に、単語を調べる機能について見ていきましょう。この機能は、選択した単語をOS10 標準搭載の辞書などで調べる機能です。この「モノリス」と書かれた部分をマウス、またはトラックパッドで選択します。そして、副ボタンクリックをしこの「モノリスを調べる」をクリックします。すると、「モノリス」という単語の意味がWikipedia から引用されました。 トラックパッドでも、この単語を調べる機能をジェスチャーで操作できますが初期設定では有効になっていない場合があります。その場合はアップルメニューより「システム環境設定」を選択し「トラックパッド」のパネルを選択します。この「調べる&データ検出」にチェックボックスを入れます。すると、この部分を3本指でタップするとこの様に、単語の意味が表示されます。このレッスンでは、Safari の初期設定、表示の拡大や縮小、スマートズーム、単語を調べる機能について学習しました。特に、ジェスチャー機能を利用するとWeb ブラウジングはとても快適になりますので是非、試してみましょう。

Mac OS X El Capitan 基本講座

OS Xはアップルが開発したMacに搭載されているOS(オペレーティングシステム)です。このコースでは初心者でも体系的にMacが操作できるよう、Apple IDの取得方法から、マウスやトラックパッドの操作、デスクトップのウインドウ操作、Safariやメール、カレンダーやiTunesなどの標準アプリケーションの基本操作までひとつひとつ丁寧に紹介します。

5時間24分 (70 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年03月02日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。