Mac OS X El Capitan 基本講座

メールの作成と添付ファイル

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、メールの基本的な受信操作と新規メッセージの作成、添付ファイル付きメールの作成方法について学んでいきます。
講師:
08:03

字幕

このレッスンでは、メールの基本的な受信操作と新規メッセージの作成添付ファイル付きメールの作成方法について学んでいきます。まず、メールアプリの基本的な画面構成ですが初期設定ではウィンドウの上部にツールバーと検索するためのウィンドウがあります。ツールバーの下にはメールボックスなどお気にい入りバーが表示されています。選択したメールボックスの中身は左下にツーカラムで表示されています。左側がメールボックスに届いたメールの一覧で右側は選択したメールのメッセージの中身が表示されます。もし、相手とメールのやり取りがある場合はスレッドという単位でメッセージがまとめられています。このメッセージの右側にある数字をクリックすることもたどることができます。現在は受信ボックスの中身が表示されていますがそれ以外のメールボックスを確認する場合はこのお気に入りバーのメールボックスをクリックします。すると、そのメールアカウントに登録されている受信メールボックスや下書き、送信済み、ゴミ箱、アーカイブといったメールボックスが表示されています。もう一度クリックするとメールボックスは隠れます。もしまだ未開封のメッセージがある場合はウィンドウタイトルバーに未開封と表示されたり或いはメッセージに青いマークが付きます。 それ以外にもドックのアイコンには未開封のメーッセージの数がこの様にバッジとして表示されます。なお、すでに開いているメッセージを未開封に戻すにはメッセージを選択し、メニューバーのメッセージから「印をつける」>「未開封」を選択することでこの様に未開封マークをつけることができます。また、 El Capitan 以降のメールではトラックパットによるジェスチャ操作にも対応しています。例えば、未開封のメールを開封済みにするにはメッセージにカーソルを合わせ2本指でトラックパッドを左から右にスライドします。この「開封済みにする」をクリックすれば未開封のマークは消えます。もう一度未開封に戻すには同様にスライドし「未開封にする」をクリックします。さらに反対方向にスライドすればこの様にメールを削除することもできます。メールは定期的に受信の確認がされていますが手動でメールを受信確認したい場合はツールバーの受信ボタンをクリックします。次に新規メッセージの作成を解説いたします。新しくメッセージを作成するにはメールのファイルメニューから新規メッセージを選択するか或いはツールバーにあるこのボタンをクリックします。宛先の欄に送りたい相手の名前やメーリアドレスを入力すると数文字入力することで入力交換されて候補が表示されます。 この様に候補が表示されたらこの中から選択します。また、自分の連絡先アプリから選択するには右側の+ボタンをクリックします。この中から、送りたい連絡先を選択しメールアドレスをクリックします。次にメールの件名と本文を入力します。メールアプリはリッチテキストに対応しているので新規メッセージウィンドウのツールバーからフォーマットを表示してテキストを装飾することができます。このAと書かれたボタンをクリックし装飾したい部分を選択してから変更を行います。ここでは、サイズを変更します。文字の色も変更できます。文字を中央に寄せるといったことも可能です。次にメッセージに添付ファイルを追加する方法を紹介します。添付ファイルを追加するにはファインダーウィンドウから直接ファイルをこの新規メッセージにドラッグ&ドロップすることでもいいのですがそれでは、ウィンドウが重なってしまうためここでは新規メッセージのツールバーから添付ファイルを追加する方法を紹介します。添付ファイルを追加するにはこのクリップのアイコンをクリックします。すると、ファイルの選択ダイアログが表示されますのでここから、添付したいファイルを選択します。添付するファイルが画像だった場合はこのイメージサイズからサイズを小中大・実際のサイズから変更できます。 メールの作成を一旦中断したい場合はこのウィンドウを閉じます。赤いボタンをクリックすると下書きとして保存するかどうかのダイアログが表示されます。ここでは、「保存」をクリックします。すると、お気にい入りバーの下書きに追加されたのでこれをクリックします。メールの続きを作成したい場合はこちらのメールを選択しダブルクリックします。実際に送信するには、このメッセージの送信ボタンをクリックします。今、テストメールへの返信が送られてきました。このメールに対して相手に返信するにはツールバーの返信ボタンをクリックします。もし、複数の人間でメールをやり取りしている場合は「全員に返信」を選択することもあります。全員に返信する場合はこの「全員に返信」ボタンをクリックします。また、別の人にメールを転送したい場合はこの「転送」ボタンをクリックします。この宛先欄に転送したい相手のメールアドレスを入力します。更に、 El Capitanのメールではフルスクリーン表示での機能も強化されています。フルスクリーン表示に切り替えるにはウィンドウタイトルバーの緑ボタンをクリックします。ここで、新規メッセージを作成しメッセージウィンドウの外のこのグレーの部分をクリックすると一旦新規メッセージが画面の下にしまわれます。 更にもう1つ新規メッセージを作成します。すると、先ほどの新規メッセージとタブで切り替えられるようになります。この様に、 El Capitan のメールでは同時に複数のメッセージが作成できるようになりました。フルスクリーンを解除します。このレッスンでは、メールの基本的な受信操作と新規メッセージの作成添付ファイル付きのメールの作成方法について学習しました。新しくなったメールの使い勝手をぜひご自分で試してください。

Mac OS X El Capitan 基本講座

OS Xはアップルが開発したMacに搭載されているOS(オペレーティングシステム)です。このコースでは初心者でも体系的にMacが操作できるよう、Apple IDの取得方法から、マウスやトラックパッドの操作、デスクトップのウインドウ操作、Safariやメール、カレンダーやiTunesなどの標準アプリケーションの基本操作までひとつひとつ丁寧に紹介します。

5時間24分 (70 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年03月02日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。