Mac OS X El Capitan 基本講座

Mail Dropで大容量ファイルを送る

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、大容量の添付ファイルを送信できるMail Drop(メール・ドロップ)と、添付ファイルのマークアップ機能について学習します。
講師:
04:41

字幕

このレッスンでは、大容量の添付ファイルを送信できる Mail Drop および、添付ファイルのマークアップ機能について学習します。添付ファイル付きのメッセージを作成するには新規メッセージを作成しツールバーのクリップアイコンから添付したいファイルを選択します。ですが、同時に大量のファイルを送りたい場合があるかも知れません。例えば、この写真が入ったフォルダを丸ごと添付した場合メッセージのサイズは40 MB を超えています。通常のメールアカウントではこの様にファイルサイズの大きい添付ファイルはサーバーの制限によりエラーが表示されることがあります。ですが、Mail Drop ではこの添付ファイルをiCloud のサーバーに一旦、預け相手には、そのファイルへのリンクが送信されるようになるためこの添付ファイルのサイズ制限を回避することができます。Mail Drop を利用するにはiCloud の登録が必要です。この Mail Drop を利用すれば1通当たりに添付できるファイルのサイズは最大で 5 ギガまで、また、リンクの保存期間は最大 30 日までとなっています。Mail Drop は iCloud メール以外でも利用できます。 例えば、 Gmail でこの Mail Drop を利用する場合の設定を確認します。まずは、「メール」>「環境設定」を開きます。iCloud メールの場合は「アカウント」の項目の「詳細」タブに「大きな添付ファイルをMail Drop で送信」に最初からチェックが入っています。それ以外のメールアカウントではこの項目にチェックが入っていない場合が多いのでこのチェックボックスを有効にします。環境設定のウィンドウを閉じれば設定が保存されます。一部のプロバイダーメールなどではこの Mail Drop に対応していないことがありますが基本的には、どのメールアドレスへも添付ファイルのサイズを全く気にすることなく送信できるようになります。次に、添付ファイルのマークアップ機能について学習します。まずは、メッセージに画像または PDF ファイルを添付します。添付ファイルを追加するには先ほどと同じ様にこのアイコンをクリックするか写真アプリのライブラリから写真を追加するにはこちらのアイコンをクリックします。この様に、表示されたウィンドウから写真またはビデオを選択し、こちらにドラッグします。ここまでは通常の添付とあまり変わりませんがこの様に、画像にカーソルを合わせると右上にプルダウンのボタンが表示されます。 ここをクリックし「マークアップ」を選択します。すると、マークアップのためのツールがこの様に表示されます。例えば、スケッチツールが選択された状態でこの画像の上にペンツールを使って線を描いてみます。すると、この様に円が描かれました。円は自動で修正されますが実際に描いた線に切り替えることもできます。さらに、この様な図形を追加したりテキストを追加したり線の太さや線のカラー、および、塗りつぶしのカラーなどが選択できます。また、テキストの種類やサイズも変更できます。追加したオブジェクトはドラッグ&ドロップで移動したり削除することも可能です。マークアップが完了したらこの「完了」ボタンをクリックします。すると、この様に、画像や PDF に装飾を加えることができました。このレッスンでは Mail Drop および添付ファイルのマークアップ機能について学習しました。少し応用的な機能ですが積極的に活用してみて下さい。

Mac OS X El Capitan 基本講座

OS Xはアップルが開発したMacに搭載されているOS(オペレーティングシステム)です。このコースでは初心者でも体系的にMacが操作できるよう、Apple IDの取得方法から、マウスやトラックパッドの操作、デスクトップのウインドウ操作、Safariやメール、カレンダーやiTunesなどの標準アプリケーションの基本操作までひとつひとつ丁寧に紹介します。

5時間24分 (70 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年03月02日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。