Mac OS X El Capitan 基本講座

メッセージの基本操作を理解する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ここではOS X標準アプリのメッセージについて解説します。利用できる環境と基本設定、新規メッセージの作成、データの送信、グループチャットの機能について学習します。
講師:
07:44

字幕

このレッスンでは、OS10 標準アプリのメッセージについて解説します。利用できる環境と基本設定、新規メッセージの作成、データの送信、グループチャットの機能について学習します。メッセージでは複数のメッセージングサービスを利用できますがここでは iMessage というApple が提供するメッセージングサービスについて解説します。メッセージが利用できる環境はApple ID を持ったデバイス、つまり Mac 、 iPhone 、 iPad 、iPod touch 同士が基本となります。また、 iPhone の電話番号とApple ID が紐づいていればその他の携帯電話から送られてきた SNS やMMS といったメッセージングサービスをMac に転送してやり取りすることも可能です。それではまず、メッセージを起動しましょう。Dock にある「メッセージ」をクリックします。すると、初回の設定ではApple ID とパスワードの入力が必要です。「サインイン」をクリックします。この様に、新規のウィンドウが表示されます。まずは、アカウントの設定を確認してみます。「メッセージ」>「環境設定」を選択します。 ここでは iMessage のアカウントが選択されていることが分かります。なお、以前は Google トークなども利用できたのですが現在は Google トークのサービスが終了しハングアウトに統合されてしまったため別途 Chrome ブラウザなどを用意する必要があります。そのため、このレッスンではGoogle トークについては解説しません。また、それ以外のアカウントを追加するには左下の+(プラス)ボタンをクリックします。アメリカの YAHOO! 、 Aol. のメッセージングサービスなどがあります。ただし、この YAHOO! は日本の Yahoo! JAPAN ではありませんのでそのアカウントをそのまま使ことはできません。また、「その他のメッセージアカウント」を選択し「続ける」をクリックすると先ほどの Aol. のメッセージングサービスのアカウントである AIMまたは Cisco が提供する Jabber などのメッセージングサービスも利用できます。ここでは iMessage のアカウントを前提に話を進めます。新規のメッセージを作成するには「ファイル」>「新規メッセージ」を選択するかあるいは、この宛先欄から直接相手の名前を検索します。 メッセージを送りたい相手の名前や電話番号、メールアドレスなどを入力します。候補が表示されたらその中から選択します。テキストでメッセージを送るにはこのウィンドウの下にある iMessage と書かれた部分をクリックします。相手が携帯電話のアカウントである場合はここには sns/mms などの様に表示されます。それではテキストを入力します。相手がメッセージを確認するとここに「開封済み」とその時間が表示されます。相手がメッセージを書き始めるとこの様に吹き出しが表示されます。今、相手からメッセージが返信されてきましたがこのメッセージを開封したことを相手に知らせるかどうかを選択することができます。ここでは「許可」または「今はしない」を選択します。この設定は後からメッセージ環境設定のアカウントパネルで変更することもできます。更に、このチャットでは絵文字を送信することもできます。この絵文字のアイコンをクリックします。すると、この様に沢山の種類の絵文字が表示されますのでこの中から好きな絵文字を選択します。絵文字の中にはカラースキンを選択することもできます。Return キーを押して送信します。また、テキストだけでなく、画像や映像音声メッセージなども送ることができます。 いったん Finder に切り替えFinder の「新規 Finder ウィンドウ」から送りたい写真を選択します。この写真をドラッグ&ドロップしてコメントなどを追加したりして送信します。同じ操作で、動画や PDF ファイルなども送れます。ボイスメッセージを送るにはこのマイクのアイコンをクリックして数秒間の音声を録音します。また、遊びましょう。この様に、音声を録音したら「送信」ボタンをクリックします。なお、音声メッセージについては相手が受信してから一定時間が経過すると自動的に削除する設定にもできます。では次に、複数のメンバーによるグループチャットの機能について見ていきましょう。「ファイル」>「新規メッセージ」を作成し複数のメンバーの名前を入力します。グループが作成されたのでメッセージを何か送信します。この「詳細」ボタンをクリックしてグループの名前を設定することもできます。チャットを削除する場合はこの閉じるボタンをクリックします。そして、「削除」ボタンをクリックします。なお、もう1つのビデオメッセージや音声メッセージを扱える FaceTime を登録してある場合は「メンバー」>「FaceTime ビデオ」または「FaceTime オーディオ」に切り替えてビデオ通話やオーディオ通話を行なうこともできます。 また、画面の共有を依頼して自分のデスクトップ画面を相手に見せることで遠隔で Mac の使い方などを教えることもできます。このレッスンでは、メッセージの基本機能、新規メッセージの作成、データの送信、グループチャットの機能について学習しました。

Mac OS X El Capitan 基本講座

OS Xはアップルが開発したMacに搭載されているOS(オペレーティングシステム)です。このコースでは初心者でも体系的にMacが操作できるよう、Apple IDの取得方法から、マウスやトラックパッドの操作、デスクトップのウインドウ操作、Safariやメール、カレンダーやiTunesなどの標準アプリケーションの基本操作までひとつひとつ丁寧に紹介します。

5時間24分 (70 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年03月02日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。