Mac OS X El Capitan 基本講座

マップアプリの基本操作を知る

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ここではマップアプリの基本的な機能について解説します。現在地の表示、画面表示の切り替え、経路検索、お気に入りの追加について学習します。
講師:
04:43

字幕

このレッスンでは、地図の機能を利用するマップアプリの基本機能について解説します。現在位置の表示、画面表示の切り替え経路検索、お気に入りの追加などについて学習します。まずは、マップアプリをドックから起動します。マップの基本的な画面構成はウィンドウの上にツールバー右下の地図の拡大と縮小3D 表示の機能などがあります。現在位置を表示するには、ツールバーのこのアイコンをクリックします。なおこの現在位置機能を利用するには位置情報サービスを有効にしていないといけません。位置情報サービスが有効になっているとメニューバーの右上にこの様なアイコンが表示されています。それでは、検索欄に場所の名前或いは、住所を入力します。ここでは、新宿駅と検索しました。候補の中から、新宿駅を選択します。すると、地図上にピンがドロップされます。この地図の拡大や縮小、移動、回転については右下のボタンから行っても良いのですがマジックマウスや、トラックパッドなどのジェスチャ操作のほうが効果的です。例えば、2本指のピンチ操作でこの地図を拡大できます。また、地図の一部分をクリックしたままホールドしそのままマウスやトラックパッドを動かすと移動することもできます。 更にトラックパッドで2本指で回転させるとこの様に地図が回転します。この地図は、航空写真にも切り替えれます。右上の航空写真ボタンをクリックします。このような航空写真でも同様に移動することができます。画面をマップに戻し、3D 表示に切り替えます。右下の 3D ボタンをクリックします。すると、この様に地図上の建物が3D で表示されました。このボタンから、見る角度なども変更できます。航空写真に切り替えるとこの様に立体的な表示になります。では、一旦マップに戻り3D 表示を解除します。このドロップしたピンの位置情報を確認するにはi ボタンをクリックします。するとそのスポットの’詳細の情報や写真などが表示されます。例えば、現在位置からこの目的地までの経路を検索するにはこの左上の経路ボタンをクリックします。すると、左側から経路の表示がされます。現在位置から新宿駅までのルートがこの様に表示がされます。移動手段は、車、徒歩、交通機関がありますが、現在日本では車と徒歩のみ対応しており交通機関にはまだ対応していません。世界の大都市では、電車やバス、地下鉄などの交通手段も検索できるようになっています。経路を一旦隠します。 また地図上の一部分を長押しするとその場所にピンがドロップされます。このドロップされたピンの詳細情報を表示して「よく使う項目に追加」をクリックします。すると、次回からの検索で「よく使う項目」を選択するとこの様にお気にいりの場所が追加できます。ここでは、マップアプリの基本操作現在位置の表示、画面表示の切り替え経路検索、お気に入りの追加などについて学習しました。

Mac OS X El Capitan 基本講座

OS Xはアップルが開発したMacに搭載されているOS(オペレーティングシステム)です。このコースでは初心者でも体系的にMacが操作できるよう、Apple IDの取得方法から、マウスやトラックパッドの操作、デスクトップのウインドウ操作、Safariやメール、カレンダーやiTunesなどの標準アプリケーションの基本操作までひとつひとつ丁寧に紹介します。

5時間24分 (70 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年03月02日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。