WebデザイナーのためのJavaScript & jQuery入門

Webサイトで使われているJavaScript

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Webサイトでよく目にする動きはjavaScriptで実現されていますデモページを見ながら、実感してみましょう。
講師:
02:24

字幕

このレッスンでは Web サイトでどのような JavaScript が使われているかを確認してみましょう。それでは、Chapter01 lesson02 のフォルダーを開き01_02_demo.html をGoogle Chrome のアイコンにドラッグ&ドロップします。そうしますと、ファイルが Chrome で開かれます。このページを見るとここに Google マップが埋め込まれています。この Google マップも JavaScript のAjax という技術が使われています。この技術を使うことで全世界の地図を一度にダウンロードするのではなく拡大時や移動したときにその都度必要なデータを読み込むことで柔軟な地図操作ができるようになっています。また、この CLICK というボタンも押してみましょう。押しますとこのように写真がスライドで表示されます。もう一度押すと隠れます。これは HTML と CSS を JavaScript で操作することによってこのような演出が可能になっています。また、新規タブを開いて「Chrome」で検索をしてみましょう。そしてこの Chrome のWeb サイトに飛びます。 飛びますとこのように Chrome をダウンロードする為のサイトが表示されますがこの「+」のアイコンなどをクリックするとツールチップと呼ばれるような機能が実装されていたり上のナビにマウスをホバーさせるとドロップダウンといったメニューが実装されています。このように私たちが普段目にしているサイトの中でも色々な場所で JavaScript は使われています。このレッスンでは Web サイトにおいてどこに JavaScript が使われているかを学びました。

WebデザイナーのためのJavaScript & jQuery入門

jQueryはJavaScriptをあまりよく知らない人でも効率良く記述できるように作られたライブラリです。jQueryを使用すると、インタラクティブな演出や仕掛けを効率良くウェブサイトに実装することができます。このコースではJavaScriptとjQueryの基本を学んだうえで、それぞれの実際の応用の仕方について学んでいきます。

2時間49分 (27 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。