Mac OS X El Capitan 基本講座

写真管理アプリの基本機能を知る

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは「写真」アプリの基本機能について解説します。写真の読み込み、iCloudフォトライブラリ、アルバムの整理、写真の編集機能などについて学習します。
講師:
08:30

字幕

このレッスンでは、OS X 標準の写真アプリについて解説します。写真の読み込み、iCloud フォトライブラリ、アルバムの整理、写真の編集機能などについて学習します。写真アプリを起動するにはDock からこの「写真」アイコンをクリックします。この「写真」のライブラリに写真を追加するには「ファイル」>「読み込む ...」を選択します。この様に、読み込みたいファイルを選択したら「読み込む項目を確認」をクリックします。ここで全ての新しい写真を読み込むかあるいは読み込みたい写真を選択して選択項目を読み込むことが可能です。すると、この様に写真ライブラリに追加されました。写真ライブラリは上下にスクロールすることで過去の写真も見ることができます。そして、この写真の分類はツールバーの左上にあるこのボタンをクリックすることでこの様に、写真を一定期間ごとにまとめることもできますし更に左のボタンを押せば年単位で分類することも可能です。写真ライブラリに表示されている写真のサムネイルはこのスライダーで拡大することもできれば縮小することも可能です。なお、写真ライブラリへの写真の追加はFinder ウィンドウから写真ファイルを直接、このウィンドウ内にドラッグ&ドロップすることでも構いません。 Finder に切り替えて「ファイル」>「新規 Finder ウィンドウ」から追加したい写真のファイルを選択しこの様にドラッグ&ドロップします。写真が重複しているとこの様に表示されます。写真の読み込みはデジタルカメラやメモリカードをUSB 接続して取り込むことも可能です。また、 iPhone を Mac に接続してアプリの写真を読み込むことも可能です。今、 iPhone を Mac に接続したのでここで「読み込み」をクリックします。ここに iPhone の写真のライブラリが表示されるので読み込みたい写真を選択してこの「... 選択項目を読み込む」ボタンをクリックします。この様に iPhone の写真が読み込まれました。写真のサムネイルをダブルクリックすると大きく表示することも可能です。また、iPhone ではパノラマ写真や動画なども撮影できますのでそれも写真アプリに読み込まれています。更に iCloud を使用している場合はケーブルで Mac と接続しなくてもiCloud 経由で写真をこの写真ライブラリに読み込むことが可能です。iCloud フォトライブラリの設定を有効にするには写真アプリの環境設定を表示します。 「写真」>「環境設定」を開きこの iCloud アイコンをクリックし「iCloud フォトライブラリ」にチェックボックスを入れます。すると、 iPhone や iPad で撮影した写真はいったん iCloud に保存されその iCloud フォトライブラリの内容はこの Mac の写真アプリからも確認することができます。さて、読み込んだ写真は様々な方法で分類することができます。その方法の1つがアルバム機能です。このツールバーの「アルバム」をクリックします。現在は「最後の読み込み」というアルバムが表示されていますのでツールバーのこのボタンをクリックし「アルバム」の一覧を表示します。ここには「すべての写真」「人々」「セルフィー」「パノラマ」「ビデオ」など写真の種類によって自動的にアルバムが作成されています。例えば、自分撮りである「セルフィ―」のアルバムを開くとこの様に、iPhone で撮影したセルフィ―写真が表示されます。パノラマ写真の場合はこの「パノラマ」と書かれているアルバムをダブルクリックします。また、表示メニューからサイドバーを表示して写真やアルバムを分かりやすく確認することも可能です。 「表示」>「サイドバーを表示」を選択します。ここには先ほどの写真ライブラリまた、様々なアルバムの種類が表示されています。また、アルバムは新規に作成することも可能です。「ファイル」>「空の新規アルバム ...」を選択します。ここでアルバムの名前を設定します。作成した「マイアルバム」はこの様に表示されます。このアルバムに登録したい写真を「写真」ライブラリから選択します。写真を選択したら、このアルバムにドラッグ&ドロップします。すると、この様に新しいアルバムが作成されました。作成したアルバムはスライドショー表示をすることも可能です。(クラッシック調の音楽)(クラッシック調の音楽)また、共有ボタンからこのアルバムをメールやメッセージで送ったりFacebook に公開することも可能です。最後に写真の編集機能について見ていきましょう。写真のサムネイルをダブルクリックします。ここで右上の「編集」ボタンをクリックします。すると、この様に編集のためのツールが表示されます。例えば、簡単に補正するのであれば「補正」ボタンをクリックするだけです。その他、回転を行ったり画像のトリミングを行ったり色彩を変更することも可能です。 その他、写真の一部をレタッチすることも可能です。更に El Capitan 以降では機能拡張が用意されておりここで他社製の写真編集機能を追加することが可能です。編集した写真はいつでもオリジナルに戻すことが可能です。編集を完了したら「完了」ボタンをクリックします。このレッスンでは写真アプリについて解説しました。写真の読み込み、iCloud フォトライブラリ、アルバムの整理、写真の編集機能について学習しました。撮りためた写真はこの写真アプリで管理するようにしましょう。

Mac OS X El Capitan 基本講座

OS Xはアップルが開発したMacに搭載されているOS(オペレーティングシステム)です。このコースでは初心者でも体系的にMacが操作できるよう、Apple IDの取得方法から、マウスやトラックパッドの操作、デスクトップのウインドウ操作、Safariやメール、カレンダーやiTunesなどの標準アプリケーションの基本操作までひとつひとつ丁寧に紹介します。

5時間24分 (70 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年03月02日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。