Mac OS X El Capitan 基本講座

さまざまな情報を通知センターで確認する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、「通知センター」について解説します。通知スタイルの選択、通知パネルと「今日」の表示の切り替え、おやすみモード、通知ウィジェットの管理を学習します。
講師:
06:15

字幕

このレッスンでは通知センターについて解説します。通知スタイルの選択、通知パネルと今日の表示の切り替え、おやすみモード、通知ウィジェットの管理について学習します。まず、通知機能ですがこれは単独のアプリではなくメールやメッセージの着信、システムのアップデートなど様々な情報がデスクトップ画面に表示されるOS X の標準機能です。通知機能をオンにしているとデスクトップの右上の方にこの様な通知パネルが表示されます。ここで必要な情報などを確認したら「閉じる」ボタンをクリックします。あるいは、この様に設定を選択する場合もあります。また、この様に通知バナーが表示されることもあります。ここからメッセージに返信したり電話に応答することも可能です。この通知バナーは通知パネルと違い一定時間経つとこの様に消去されます。この通知機能の環境設定はアップルメニュー>「システム環境設定 ...」>「通知パネル」を選んで設定できます。ここでは通知に対応したアプリケーションの通知スタイルなどを個別に変更することができます。例えば、このアプリであれば通知のスタイルをバナーなのか通知パネルなのかもしくは、表示しないのかといった選択もできます。 更に、ディスプレイをロックした状態でこの通知を表示するかどうかまた、通知センターに表示する項目の数。Dock のアプリケーションアイコンにバッジを表示するかどうかの項目これは例えば、メッセージであればこの様に新着メッセージの数が表示されるバッジのことを指します。そして、通知が表示された時に通知音を鳴らすかどうかという選択もできます。更に、これらの通知機能をまとめて管理するために通知センターという機能があります。通知センターを表示するにはメニューバーの一番右端にあるこのアイコンをクリックするかトラックパッドであれば2本指でパッドの右端から内側に向けてクリックすると通知センターが表示されます。ここには「今日」というタブと「通知」というタブがありこれをクリックすることで切り替えられます。この「今日」という項目ではその日に行うべき情報がまとめて確認できます。また、通知には様々なアプリからの通知情報がこの様に表示されます。必要がない項目は閉じるボタンを押して消去することもできます。この通知センターの機能を使うとしても仕事中であったり夜中であったり通知を表示させたくない場合もあります。その場合は、「今日」のパネルで一番上までスクロールしこの「おやすみモード」のチェックボックスをオンにします。 すると、この様に通知の項目は表示されなくなります。この「おやすみモード」は設定した時間になれば自動的に解除されるのでそのままでも構いません。もし、すぐに表示する場合は無効にすればまた、この様に表示されます。次に、通知ウィジェットの管理についてご説明します。通知ウィジェットは通知センターに表示されるアプリケーションのことです。例えば、ここでは「カレンダー」や「株価」といったものがウィジェットになります。このウィジェットはドラッグ&ドロップで並び変えたり設定の情報を表示して必要な情報だけを表示させることができます。現在は、この様な通知ウィジェットが入っていますがこの項目を管理するには「編集」ボタンをクリックします。すると、もう1つパネルが表示されてそこから通知ウィジェットを追加することができます。例えば、計算機のウィジェットを追加するにはこの緑の+ボタンをクリックします。すると、左側の通知センターに追加されました。また、しまっておきたいウィジェットはこの閉じるボタンをクリックすると右側に移動します。なお、右下の設定ボタンで先ほどのシステム環境設定の「通知」パネルを表示することもできます。さらに、この通知ウィジェットはMac App Store から追加して購入することも可能です。 この App Store ボタンをクリックするとMac App Store から通知センターウィジェットのページが表示されます。ここから通知したいウィジェットを探して購入、または、無料のものはそのままダウンロードします。ここで Apple ID のパスワードを入力します。「サインイン」をクリックします。インストールが完了すると通知センターに、この様に「新規1項目」の様に表示されますので。ここをクリックします。ダウンロードした通知ウィジェットはこの様に表示されました。これを追加するにはこのボタンをクリックします。通知ウィジェットの設定を完了したらこの「完了」ボタンをクリックします。このレッスンでは通知センターについて解説しました。通知スタイルの選択、通知パネル、今日の表示、おやすみモード、通知ウィジェットの管理について学習しました。アプリケーションを開かなくても最新の情報をリアルタイムで入手できますので是非、利用してみて下さい。

Mac OS X El Capitan 基本講座

OS Xはアップルが開発したMacに搭載されているOS(オペレーティングシステム)です。このコースでは初心者でも体系的にMacが操作できるよう、Apple IDの取得方法から、マウスやトラックパッドの操作、デスクトップのウインドウ操作、Safariやメール、カレンダーやiTunesなどの標準アプリケーションの基本操作までひとつひとつ丁寧に紹介します。

5時間24分 (70 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年03月02日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。