Mac OS X El Capitan 基本講座

iPhoneのメッセージのやり取りをMacで引き継ぐ

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、メッセージでのやり取りをMacとiPhoneの間で連係する方法について学習します。
講師:
02:43

字幕

このレッスンではメッセージのやり取りをMac と iPhone の間で連携する方法について学習します。iPhone ではテキストメッセージのやりとりにショートメッセージングサービスいわゆる SMS を利用できます。この SMS のやりとりは通常はメッセージアプリで行います。通常は iPhone だけの機能と思われがちですがこの SMS は Mac のメッセージアプリとも連携しています。そのためテキストメッセージのやりとりなどそのまま引き継ぐことが可能です。この連携を行うには iPhone と Mac で同じ Apple ID を登録している必要があります。iPhone の場合は設定アプリからメッセージに Apple ID を登録します。設定アプリを開き「メッセージ」の「送受信」をタップします。すると、ここに Apple ID が表示されています。この Apple ID が Mac に登録されているApple ID と同じものであればテキストメッセージの連携が行えるわけです。では実際に iPhone のメッセージでテキストメッセージを送信します。メッセージをタップして入力欄からテキストを入力します。 送信したメッセージは Mac のメッセージでも同様に送られています。Mac のメッセージを起動します。Dock からメッセージをクリックし相手との会話を選択すると先程入力したメッセージがこのように反映されていることが分かります。ここで Mac のメッセージからメッセージを送信してみます。テキストを送信します。すると iPhone の画面でも送信されているのが分かります。このように、お使いのどのデバイスからもテキストの送受信が行えるわけです。つまり Mac でも iPhone でも iPad でも会話の流れを途切れさせることがなく相手とコミュニケーションが行えます。このレッスンではメッセージでのやりとりをMac と iPhone の間で連携する方法について学習しました。これも Apple 製品ならではの使い勝手の良さと言えるでしょう。

Mac OS X El Capitan 基本講座

OS Xはアップルが開発したMacに搭載されているOS(オペレーティングシステム)です。このコースでは初心者でも体系的にMacが操作できるよう、Apple IDの取得方法から、マウスやトラックパッドの操作、デスクトップのウインドウ操作、Safariやメール、カレンダーやiTunesなどの標準アプリケーションの基本操作までひとつひとつ丁寧に紹介します。

5時間24分 (70 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年03月02日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。