Mac OS X El Capitan 基本講座

購入したアプリや音楽を家族で共有する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、購入した音楽、電子書籍、アプリを家族で共有できる「ファミリー共有」について学習します。
講師:
04:26

字幕

このレッスンでは購入した音楽・電子書籍・アプリなどを家族で共有できるファミリー共有について学習します。このファミリー共有は本人を含めた家族6人まで利用可能です。それぞれ別々の Apple ID をもっていることが前提でこれまで Apple ID を作ることができなかった13歳未満も現在は対応しています。このファミリー共有を設定しておくことで家族で様々なコンテンツの支払いを一本化して保護者が一枚のクレジットカードで決済できるなど非常に便利な機能となっています。家族を追加するには Apple メニューの「システム環境設定」を開きます。次に iCloud パネルを開きます。ご自分の Apple ID でサインインしているのを確認して「ファミリーを管理」ボタンをクリックします。この画面から家族を追加していきます。この左下にある「+」ボタンをクリックします。ここで Apple ID を持っている家族の名前あるいはApple ID と紐づいた家族のメールアドレスを入力します。その後、画面の指示に従って登録手続きを行いクレジットカードなどの情報を入力します。家族のメールアドレスに登録案内が行くのでそれを家族がクリックすると登録手続きは完了です。 追加された家族は管理者画面に表示されます。こちらが追加された家族です。追加された家族が両親または保護者の場合はこのチェックボックスを有効にします。また、家族の管理者に自分の位置情報の利用を許可するかどうかはこのチェックボックスで設定できます。また iPhone からファミリー共有を設定する場合は設定アプリをタップします。ここで iCloud の項目を選択します。「ファミリー共有を設定」という項目があるのでこちらをタップします。ここで、自分がファミリー共有の管理者であるならば「続ける」をタップします。購入したアイテムを共有するためのApple ID でサインインします。支払い方法を選択して次に進みます。自分の位置情報を家族と共有する場合は「位置情報を共有」を選択します。ファミリー共有を設定したら家族を追加します。ここで先程と同じように家族の Apple ID と紐づいたメールアドレスまたは名前を入力して家族を登録します。このようにファミリー共有を設定しておくことで支払いを家族で纏められるだけでなく未成年の子供のコンテンツの購入を制限することも可能です。更に、例えばカレンダーアプリでは家族で共有する予定も作成できます。 カレンダーアプリにこのようなファミリーという共有カレンダーが追加されるのでここで家族の予定を追加することが可能です。また、写真アプリに家族で共有するアルバムを作ることもできます。写真アプリにはこのように家族で共有するファミリーというアルバムが自動的に作成されています。その他、iPhone の友達を探すアプリで家族の現在地を確認することも可能です。このレッスンでは購入した音楽・電子書籍・アプリなどを家族で共有できるファミリー共有について学習しました。家族で Apple デバイスを使うことで家庭内のコミュニケーションがこれまでよりも円滑になるかもしれません。

Mac OS X El Capitan 基本講座

OS Xはアップルが開発したMacに搭載されているOS(オペレーティングシステム)です。このコースでは初心者でも体系的にMacが操作できるよう、Apple IDの取得方法から、マウスやトラックパッドの操作、デスクトップのウインドウ操作、Safariやメール、カレンダーやiTunesなどの標準アプリケーションの基本操作までひとつひとつ丁寧に紹介します。

5時間24分 (70 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年03月02日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。