Museで手軽にWebサイト制作

サイトの基本設定

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Museを起動後、共通するページの幅などサイトの基本となる部分の設定と保存、そして後に変更するための方法について解説します。
講師:
03:51

字幕

このレッスンでは 新規のサイトの作成と基本設定を行います それでですね 今 Muse を起動した状態となっています 今回は 付属している素材を使って ゼロから新しくサイトを作っていくので まず新しく サイトの作成を行います それでは この スタートアップスクリーンが出てる状態で 新規作成「サイト」 これをクリックします そうすると 「新規サイト」の設定が出てきます まず 「初期レイアウト」というところですが これは「デスクトップ」ですね この設定のままにしておきます これはパソコンのブラウザで見た時の サイトという設定ですね 「タブレット」や「スマートフォン」など 様々な選択肢がありますが これは後から設定します そして「ページ幅」と 「最小の高さ」ですね 高さはどんどん内容が増えるにしたがって 自動的に 長くなっていくので これはあまり気にしなくて大丈夫です 「ページ幅」ですね 初期値は 960 になってます だいたい一般的なウェブサイトの 幅に沿ってるので 今回はこのデフォルトのままで行いましょう そして「段組の数」とありますね 今回は 1段で作っていくので このままで結構です そして「マージン」ですね 上下左右のスペースの取り方 そんな設定も入っています では「コンテンツ」 これ「日本語」ですね 今回日本語で作ります そして解像度 「標準」 これは非常に解像度の高い― モニターで見た時の HiDPI(2x) という設定もできますが 今回はすべて標準で行います では この状態で OK をクリックすると 新規にサイトが作成されます Muse の中ですが ここがタブの構造になっています そして今の新規のサイト作成ですが 「ファイル」>「新規サイト」 これを実行しても 同じものを行うことができます 複数のサイトを同時に開いて 作業を行うことも可能となっています サイトが作成されると このような形で 「マスター」というのが1個と 「ホーム」というのが1つですね この2つのページの設定が あらかじめ作成されています では作業を始める前に このサイトのファイルを保存しましょう 「ファイル」>「サイトを保存」 これを実行します では今回は作業用に muse_lesson というフォルダーを作りましたので ここに保存しましょう ファイル名ですが では musicpr.muse とでも しておきましょう この状態で保存を行います 次回から このサイトのファイルを開くことで 作業を途中から継続して始めることができます そしてサイトの基本設定ですね 最初にさわったとこですが あれは「ファイル」> 「サイトプロパティ…」 ここを開けてやると 「レイアウト」のところで 「ページ幅」であるとか 「段組み」「マージン」と こういった部分を設定することができます 後から変えたくなった時には この「サイトプロパティ」の方から変更します 「サイトプロパティ」のウィンドウには 他にも 「コンテンツ」 これはリンクの時の色なんかの設定ですね こういったものとか その他 細かい詳細設定がありますが とりあえず今はこのままで構いません では この基本設定を使って さらにサイトを作成していきます

Museで手軽にWebサイト制作

MuseはWebデザイナー以外でもスタイリッシュなWebサイトを作ることができる画期的なツールです。このコースでは架空のアーティストのニューアルバムのPRサイトを例に、サイトの構成や素材のレイアウト、動画や音声といったリッチメディアの埋め込み方、TwitterやFacebookなどのSNSとの連携、またモバイル機器への対応などを学ぶことができます。

1時間45分 (22 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年02月22日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。