Museで手軽にWebサイト制作

コンタクトフォームの作成

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ライブラリからコンタクトフォームを設置し、送信先のメールアドレス設定や項目のカスタマイズ、説明文の追加などを行います。
講師:
04:08

字幕

このレッスンでは、 コンタクトフォームの 作成を行います はいそれでですね お問い合わせなんかを 受け付ける フォームを作ってみましょう はい、じゃコンタクトの ページを開けます 通常ですね、 フォームを作る時には 色々とプログラムと 連動したような仕組みが 必要なんですが ミューズを使うと 非常に簡単に フォームを設置することも出来ます では、ウィジェットライブラリー ここを開いてみます、そして フォームですね はい、ここを開けて シンプルなコンタクト これを使ってみましょう はい、ウィジェットライブラリーから ドラッグアンドドロップで 出来ます はい、そうするとですね このような フォームのパーツが 配置されます はい、内容非常にシンプルですね 名前、メールアドレス そしてメッセージを入力と はい、このような内容になってます はいこれですが、 選択してる状態で このボタンですね、 詳細を開けることが出来ます はい、ではですね まず電子メールの宛先とありますが このフォームから送られる メールを受け取るですね、 メールアドレス それを入れておきます はい、このような感じですね はい、そして送信をした後 このままのページにいることも出来ますし 他のページにですね 飛ぶということも出来ます はい そしたら、内容なんですが 今ですね 名前とメールアドレスだけが いることになってます 例えばこのデフォルトの 標準フィールドですね この中の項目でも、他のもの クリックしてやると 追加することが出来ます はい、そして ここに当てはまらないですね 違う項目を入れたい時には カスタムフィールド ここを押してやると このように、別の項目を入れる ことも出来ます はいこれですね、 個別に選ぶことが出来るので デリートを押すと 消すことが出来ます はい、それぞれのですね パーツをこのように動かして レイアウトを 直すことも出来ます 又項目の名前ですね ダブルクリックすると テキストの入力になるので 例えば、まあ名前じゃ ちょっとぶっきらぼうなので じゃあ "オー" をつけましょうと 名前にしてあるんですね はい、こういった項目を 打ち変えるということも出来ます はい、ではですね、 このフォーム 丁度センターに 配置しておきましょう はい、ではですね フォームだけあってもなんなので 説明文を追加します じゃあテキストのツールで 上の部分ですね、ボックス作って はい このように説明文を入れます はい 文章を作ったら ボックスの大きさを合わせて はい、今フォームがですね センターになってるので それと合わせます ドラッグしていくと、 この真ん中に ピタッとですね 線が出て 吸着するようになってます はい、これプレビューしてみると このようにですね、 フォームが出来ていて 内容ですね 入力することが 可能になってます はい、フォームですね もう非常に特別な プログラムなど必要なく 簡単に設置出来るので こうした情報ページからですね お問い合わせを受け付けるのも 大変簡単に行えます 是非とも活用して下さい

Museで手軽にWebサイト制作

MuseはWebデザイナー以外でもスタイリッシュなWebサイトを作ることができる画期的なツールです。このコースでは架空のアーティストのニューアルバムのPRサイトを例に、サイトの構成や素材のレイアウト、動画や音声といったリッチメディアの埋め込み方、TwitterやFacebookなどのSNSとの連携、またモバイル機器への対応などを学ぶことができます。

1時間45分 (22 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年02月22日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。