Museで手軽にWebサイト制作

動画配信サイトについて

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Webサイトに動画を埋め込むために使用できる共有サイトとして、代表的なYouTubeとVimeoの特徴を解説します。
講師:
03:14

字幕

このレッスンでは 動画配信サイトについて 解説します はい、今回作成してるのは 音楽のアルバムの PRサイトですね こうした音声であるとか また映像がですね、 重要になる 場合には、サイトの中に 動画を埋め込むのが 一般的な仕法となっています はい今回もですね、ここの 曲視聴ページ、 リッスンのページに 動画を置きたいと 思っています はい、その時なんですが 方法として、まずですね サーバーに動画ファイルをあげて それを設置するという 方法もあります それでもいいんですが いくつか問題があり、 例えばですね 動画のファイルは非常に ファイル容量が大きくなるので サーバーの容量で 食ってしまるという 問題がひとつあります 後もうひとつですね、 人気が出て アアクセスが集中した時に 自分のサーバーに 動画が置かれていると そのせいで動作が 重くなってしまうという こともよくあります そこでですね、 今広く使われているのが 動画共有のサービスを 利用するという方法です それではブラウザに 表示を切り替えます はい 今ですね、ブラウザのほうには いくつかの動画の 共有サイトを開いています まず今出しているのが ユーチューブですね これはもう、 動画配信の中で 一番ポピュラーで 代表とも言える 存在となっています ユーチューブはですね、 検索のグーグルが 運営しているサイトなので ユーチューブにビデオアップすると これをですね、 ユーチューブ上で再生したり サイトに埋め込んだりという他に 検索に引っかかりやすいという そうしたですね、メリットもあります ユーチューブはですね 一番標準的に使われているので ユーチューブを使って、 埋め込みを 行ってみようと思います それではですね、 他の動画共有サービスも ご紹介しておきましょう ユーチューブに並んで 良く使われている サイトにビメオというものがあります はい、ビメオの特徴なんですが こちらですね、 以前からユーチューブに 画質の面で優れているとも 言われています なので特にですね、 クリエイター系の方に 人気があるのがこの ビメオというサイトですね ビメオはですね 通常の、無料で動画をアップする他に 有料の会員になると、動画を 販売したりといった 機能もついているので またユーチューブとはちょっと違った 使い方も出来ます 自分の映像作品なんかの場合ですね ユーチューブと同様に、自分の アップしたビデオを、 サイトに埋めこんで使うと そういった使い方も出来ます

Museで手軽にWebサイト制作

MuseはWebデザイナー以外でもスタイリッシュなWebサイトを作ることができる画期的なツールです。このコースでは架空のアーティストのニューアルバムのPRサイトを例に、サイトの構成や素材のレイアウト、動画や音声といったリッチメディアの埋め込み方、TwitterやFacebookなどのSNSとの連携、またモバイル機器への対応などを学ぶことができます。

1時間45分 (22 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年02月22日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。