ビジネスのためのYouTube

カテゴリを決める

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
いくつかのカテゴリに分けてコンテンツを作成しましょう。
講師:
04:00

字幕

このレッスンではカテゴリーを決めると いう所の話をするんですが 要はしっかりとカテゴリーに分けて 動画をそれぞれ作って 行きましょうという所です ターゲットや目的に合わせた カテゴリーという事で 大きく三つに分けて やりましょうという所です 一つ目が知って貰う為のコンテンツですね 兎に角 自社の事 自社のサービス 自社の商品を知って貰うと いうコンテンツを作りましょうという事です 二つ目 動画その物を楽しんで貰うコンテンツ ここから何処にクリックして貰うとか これを観て買って貰うとか そういう話しではなくて 動画それ自体が楽しめる物に なっている 役立つ物になっていると いうコンテンツです 三つ目がしっかり商品やサービスなどを 訴求するコンテンツです ビジネスに直結するコンテンツを作りましょう という事です この三つの中から基本的な YouTube を運用する目的に合わせて バランスを考えながら やって頂ければと思います まず知って貰う為のコンテンツ どんなものがあるのかと言うと 例えばテレビCMとか プロモーション用の映像です こういう物を使って頂いて良いと思います 基本的にこのテレビCM プロモーション用の映像というのは 知って貰う為の物です それをテレビとか店頭で 流しているだけでは勿体無い せっかくだから YouTube で 流しましょうという事です 二つ目は企業ポリシーや商品に 付いての思いですね 初めて知ってくれた人に対して しっかりと何を考えてその企業として 運用をしているのかを 伝えてあげて下さい 三つ目 実用的なんですけど 実店舗の場合は駅からの道のりなど やってあげると良いかなと思います とくに最近はタイムラプスという iphone の機能があったりして 多少駅から遠くても早回し形式で ちゃかちゃかっと見せてあげると 逆にユニークな動画になって 良いのかなと思います こういう視点で知って貰う為の コンテンツを発信していって下さい 次は 動画その物を 楽しんで貰うという物です これは動画を観て ここからサイトに誘導したりとか 物を売ったりとかじゃなくて その物を観てもらう 視聴して貰う 事が目的ですよという事です これをやる意味というのは ユーザとの接点を確保すると いう事です この人は凄くいつも面白い動画を 流してくれている この企業の動画を観ていると 何かいつも楽しいね という所で かなり親密度があがっていくと いう効果が見込めますので こういうコンテンツ ちょっとライトタッチな物を 出して頂く事は良いと思います 最後 商品 サービスを訴求するという物です これは 何か実演とか ビフォーアフターの紹介などがいいですね 店頭でのその商品のセールスポイントを 話している所なんかでもいいですし それを使う前・使った後 どういう風に変わったのか という所も動画で上手く編集して 見せてあげると良いかなと思います さらにこの商品サービスを訴求する場合 サイトに誘導して さらに詳細な情報を提供すると いう事も大事になって来ます 勿論ここで完結すれば 動画だけで買ってくれればいいんですけど 中々その導線も作りにくいという事は しっかりと購入が出来るサイトであるとか ページ仕組みのある所に ちゃんと連れて行ってあげて下さいよ という事です それぞれのカテゴリーごとに しっかりと動画を作って 新しいお客さん その時はよそのお客さんに アピールして下さい このレッスンではカテゴリーに分けて 動画を作る手順についてお伝えしました

ビジネスのためのYouTube

いまや動画はネット上の主要なコンテンツになりつつあります。このコースではYouTubeの特徴や動画のアップロードの仕方、YouTubeの基本的な操作方法やビジネスでの活用法などについて解説します。、動画の編集やYouTubeチャンネルの設定、プロモーション戦略についての考え方などをひとつひとつ実際の画面を見ながら説明します。

1時間48分 (27 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2016年02月24日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。