PaintShop Pro X8 でフォトレタッチ

PaintShop Proとペンタブレットを使う利点

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
画像編集ソフトのPaintShop Proで、どのようなことが出来るのかについての概要と、ペンタブレットを使用する利点について知っておきましょう。
講師:
04:12

字幕

このレッスンでは画像編集ソフトのPaintShop Pro でどのような事ができるのかについて概要とペンタブレットを使用する利点について解説をします。PaintShop Pro は画像の整理や写真の修正、レタッチ、また、画像編集やペイント、ドローといった機能を備えている総合的な画像編集ソフトです。パソコンや接続しているデバイスにある数多くの画像を探しやすく整理をします。写真の詳細な情報を確認したり、気に入った画像には星印を付けてみたり、気になる写真は大きく表示して、どこが気になるのかを確認します。更に、修正したい所を見つけた画像はレタッチツールでピンポイントでクリックして目立たなくしたり、更に、作品としてアレンジしたい場合は数ある多くの効果の中から選んで、アーティスティックな作品にしたりなど、できることがたくさんあります。数多くの機能を取り揃えているアプリケーションですから、目的に適したツールを探し出したり、使い方も難しそうですが一度使ってみると、様々なツールで使い方が共通していることが分かります。操作に慣れてくると、もっと写真をきれいに仕上げたり、また、「もっと本格的な合成をしたい」といった欲が出てきますし、その気持ちに応えられるだけの細かい調整ができるものとなっています。 特に、細かいブラシによる操作はペンタブレットの筆圧に対応しているので、ペンの筆圧の強弱によって、効果の適応量をコントロールができます。例えば、画像を明るくしたり、暗くしたりする「ライト/ダーク」ツールを選んで、タブレットのボタンには修飾キーやショートカットキーを割り当てたりもできるので、該当するボタンを押しながら画面上でペンを上下にドラッグして、ブラシのサイズを調整することができます。このように、線の太さを変化させて、飛行機雲を描いて遠近感を出したり、「マウスのボタンを入れ替える」にチェックを入れて、今度は逆の暗い効果のペンで、筆圧に強弱を加えて、繰り返しながら描くことでもくもくとたなびく雲のように、幅に変化を加えて描くことができます。また、ドラッグやクリックでスタンプを押すように描くことができる、「ピクチャチューブツール」で選択モードを「筆圧」に設定することによって、スタンプする画像の順番を筆圧で制御しながら、描くことができます。人物の気になる部分をサッと消したり、ブラシでメイクを施したりなど、まるでペンで絵を描くように効果が施されていくのはとても楽しく、快適です。以上、画像編集ソフトのPaintShop Pro の概要と、ペンタブレットを使った利点についての解説でした。

PaintShop Pro X8 でフォトレタッチ

PaintShop Pro はとても多機能な画像編集ソフトです。写真の整理・修整や合成なども簡単に行うことができます。このコースでは、PaintShop Proでレタッチに関する機能やツールの使い方をワコムのペンタブレットを使いながら解説します。またペンのサイドボタンへの機能割り当てなど便利な使い方も解説しています。

2時間22分 (32 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像編集
価格: 2,990
発売日:2016年02月28日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。