PaintShop Pro X8 でフォトレタッチ

管理・調整・編集の操作の流れ

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
画像を管理して、手軽に調整したり、または本格的に編集するための3つのワークスペースを使った作例を見ながら操作の流れをおぼえましょう。
講師:
04:30

字幕

このレッスンでは PaintShop Pro で画像管理をして手軽に調整したり、また、本格的に編集するための3つのワークスペースを使った操作の一例を見ていきましょう。画像を選び、ダブルクリックをするとクイックレビュー画面が開きます。ここで、画像の回転や削除、また、星の数による評価を付けたり画像を拡大表示して詳細を確認することができます。閉じるボタンをクリックするかEscape キーを押して元の画面に戻ります。ここでは、選択している画像のExif など、記録されている情報を確認したり、全般ではタグ、つまりキーワードを入力して後から分別をしやすくします。更に、画像をウェブなどでアップして公開する目的であれば、手軽に色や明るさの補正をする、調整ワークスペースに切り替えます。「スマート修正」の「推奨設定」をクリックすると、自動補正ができますし、手動で明るさやシャドウなど微調整ができます。更に、画像の本来白であるべき部分をクリックして、色かぶりを簡単に補正します。「自然な彩度」などで鮮やかさを調整して、保存をします。保存をクリックして、ここでは JPEG などの汎用性のあるファイルの種類を選んで、名前を入力して「保存」をクリックします。 ここでは、「共有」から Facebook や FlickrGoogle+ などの SNS に写真をアップロードして公開することができます。管理ワークスペースに戻ると、元の画像や保存した画像も含めて管理をするといった流れになります。更に、調整後の画像を選択して編集ワークスペースに切り替えて、選択をするツール、ここではスマート選択ブラシツールを選んで、切り取りたい場所をドラッグして選択範囲で囲みます。「編集」メニューから「コピー」を選んで、もう一度「編集」メニューから「新しいレイヤーとして貼り付け」を選びます。「選択範囲」メニューから「選択の解除」を選んで、移動ツールを選択して、貼り付けた画像をドラッグして位置を調整します。このように、編集ワークスペースではより多くのツールや効果を使って、複数のレイヤーを重ねることによって合成作品を作ることができます。一通り編集を終えたら画像は「保存」で「ファイルの種類」から今度は PSPIMAGE というPaintShop Pro 標準のファイル形式を選んで保存をします。こうすることで、レイヤーの状態もそのまま引き継いで編集を再開することができます。例えば、ここに影を付けたり、エッジを綺麗に処理するといった再編集も可能です。 保存した後で管理ワークスペースに戻ると、PSPIMAGE 形式の画像も追加されて、同様に管理ができます。このように、PaintShop Pro では3つのワークスペースを目的に合わせて切り替えて、効率よく作業を進めることができます。以上、PaintShop Pro の3つのワークスペースを使った操作についてでした。

PaintShop Pro X8 でフォトレタッチ

PaintShop Pro はとても多機能な画像編集ソフトです。写真の整理・修整や合成なども簡単に行うことができます。このコースでは、PaintShop Proでレタッチに関する機能やツールの使い方をワコムのペンタブレットを使いながら解説します。またペンのサイドボタンへの機能割り当てなど便利な使い方も解説しています。

2時間22分 (32 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像編集
価格: 2,990
発売日:2016年02月28日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。