PaintShop Pro X8 でフォトレタッチ

気になる部分を自然に消して体をスリム化

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
メークオーバーツールを使って顔の気になる部分を自然に目立たなくして、体全体を段階的にスリムにする方法です。
講師:
05:24

字幕

このレッスンでは PaintShop Pro のメークオーバーツールを使って顔の気になる部分を自然に目立たなくして、体全体を段階的にスリムにする方法について解説をします。メークオーバーツールは調整ワークスペースにもありますが、ここでは、後から修正前、修正後を比較するために編集ワークスペースで開いて、元の画像のレイヤーを複製しておきます。レイヤーを右クリックで「複製」を選びます。PaintShop Pro にはメークオーバーツールという、体、主に顔の気になる部分を化粧をするかのように簡単に修正するツールが用意されています。メークオーバーツールを開くと、シミ補正、歯ブラシ、目ぐすり、日焼け、スリムの5つのツールが選べます。ここでは、まず目の部分を拡大表示したいと思うので、ズームツールに切り替えて目の部分を囲んで、拡大表示します。白目の赤く充血している部分を修正していきます。メークオーバーツールを選んで、「目ぐすり」を選びます。白目の部分をクリックして白くします。繰り返しクリックするとより白くなりますが、繰り返しすぎると顔の白い部分にも及んでしまうため、適度に抑えておきましょう。修正前と修正後を「表示/非表示」で比較してみます。 次に、頬の汚れと赤い出来物の部分を消していきたいと思います。このような小さい範囲の物を消すには「シミ補正」が適しています。内側の円形が消したい部分に収まるようにブラシのサイズを調整して、クリックするとこのように消えます。赤い出来物の部分は範囲がちょっと広いので、ブラシのサイズを大きくします。ここでは Alt キーを押しながらブラシのカーソルを下にドラッグすると、ブラシのサイズが大きくなります。内側の円形で出来物の部分を囲んでクリックすると、このように修正できました。修正前と修正後です。ここで、「画像をウィンドウに合わせる」で全体表示をして、地面の汚れも消していきたいと思います。ブラシのサイズを大きくしてブラシのカーソルを重ねてクリック。繰り返して、このように消すことができました。修正前と修正後です。また、メークオーバーツールには「スリム」というユニークなレタッチツールがあります。この子供は特に太ってはいないのですが、「もう一回りスリムになった姿を見てみたい」というのであればスリムツールで簡単に痩せさせることができます。スリムツールを選んで、人物の細く見せたい部分にポインターを重ねて、左右どちらかにドラッグすると人物がスリムになって、それに合わせて背景も自然に引き伸ばされます。 ここでは、向かって右側の頬の部分をドラッグしてみます。一瞬だったので、「表示/非表示」で比較してみます。修正前と修正後です。比較すると、明らかに細くなったことが分かりますが、修正後だけを見ている分には「初めからこうだった」としか見えないほどです。もう一度ドラッグすると、さらにスリムになりますが以下にも、横に縮めたというのが分かるので、一段階に留めておきましょう。画像のサイズを変えずに特定の被写体だけを細くしたい場合に、スリムツールが有効です。以上、写真の気になる部分を自然に目立たなくして、体全体を段階的にスリムにする方法について解説をしました。

PaintShop Pro X8 でフォトレタッチ

PaintShop Pro はとても多機能な画像編集ソフトです。写真の整理・修整や合成なども簡単に行うことができます。このコースでは、PaintShop Proでレタッチに関する機能やツールの使い方をワコムのペンタブレットを使いながら解説します。またペンのサイドボタンへの機能割り当てなど便利な使い方も解説しています。

2時間22分 (32 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像編集
価格: 2,990
発売日:2016年02月28日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。