PaintShop Pro X8 でフォトレタッチ

白飛び黒つぶれを解消

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
調整レイヤーを使用して、写真の明るすぎ部分を抑え、暗すぎる部分を明るくして詳細がよくわかるようにする方法です。調整レイヤーを使用する利点についても解説をしています。
講師:
05:51

字幕

このレッスンでは写真の明るすぎる部分を抑えて、暗すぎる部分を明るくして詳細がよく分かるようにする方法を解説します。このように、逆光のためこちら側が影になり、暗くなっている凱旋門をこのように、空の色をそのまま保ちながら明るすぎる部分を抑えて、暗い部分を明るくしていきます。PaintShop Pro には色々な明るさや色を調整する機能があります。後から何度でも調整できる調整レイヤーの活用をお勧めします。まずここで、この写真の明るさがどのようになっているのかをグラフで確認しながら調整をしてみましょう。レイヤーメニューから「新しい調整レイヤー」の「ヒストグラム」を選びます。「画像のプレビュー」にチェックを入れます。プレビューはここでは閉じておきます。ここで、この山形に注目をします。これはヒストグラムといって、画像の色のピクセルが明るい部分や暗い部分に、どの割合で存在しているかを示しています。左側から暗い部分、中間が中間の明るさ部分、右側が明るい部分を表していて、このグラフから見ると大きな山が左右に振り分けられていることから、コントラストがきついことが分かります。そこで、この両サイドの山を中央に少し寄せます。 右側のスライダーを上にドラッグしていくと、直線が緩やかな逆 S 字型になります。山が中央に寄っていって、その結果、コントラストが少し和らぎます。ここでは 15 に設定してOK をクリックします。この調整画面は後からまた表示させることができます。次に、暗い部分を明るくするのがフィルライトです。レイヤーメニューから新しい調整レイヤーの「フィルライト/明確化」を選びます。「画像のプレビュー」にチェックを入れて、フィルライトのスライダーを右にドラッグしていくと、暗い部分が明るくなっていきます。明るくなりすぎない程度に、ここでは中間の 64 に設定しています。明確化は階調のコントラストを調整するもので、数値を大きくするとコントラストが強調されて、小さくするとソフトな印象になります。ここでは 11 に設定してコントラストを高めます。シャープネスは輪郭をくっきりさせる設定です。変更後のプレビューを見ながら、暗い部分が濃くなりすぎない程度に輪郭をくっきりさせます。ここでも、中間の 64 に設定をしました。OK をクリックします。更に、今度は門の詳細が分かるように中間の明るさのコントラストを調整します。レイヤーメニューから新しい調整レイヤーの「ローカルトーンマッピング」を選びます。 全般を開いて、ブレンドモードをオーバーレイに変更します。こうすることで、空の色が濁らずに調整結果の明るい部分と暗い部分を強調することができます。「調整」をクリックして、強度をここでは 10 に設定をします。ブロックサイズは最小の 8 に設定しています。多少、コントラストが強いようであれば全般の不透明度でレイヤーの不透明度を下げます。ここでは 80 に設定をしてOK をクリックします。更に、もう一度ヒストグラムの調整レイヤーをダブルクリックして開きます。先程の右側のスライダーをもう少し上にあげて、ヒストグラムの山を中央寄りにしてコントラストを和らげます。ここでは 24 に設定をして、OK をクリックします。これで完成です。調整レイヤーの「表示/非表示」をクリックして切り替えて、調整前と調整後の比較をします。尚、この調整レイヤーの状態を含めて画像を保存するにはPSPIMAGE 形式を選びましょう。以上、写真の明るすぎる部分を抑えて暗すぎる部分を明るくして、詳細が分かるようにする方法の解説でした。

PaintShop Pro X8 でフォトレタッチ

PaintShop Pro はとても多機能な画像編集ソフトです。写真の整理・修整や合成なども簡単に行うことができます。このコースでは、PaintShop Proでレタッチに関する機能やツールの使い方をワコムのペンタブレットを使いながら解説します。またペンのサイドボタンへの機能割り当てなど便利な使い方も解説しています。

2時間22分 (32 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像編集
価格: 2,990
発売日:2016年02月28日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。