PaintShop Pro X8 入門

画像の情報の確認と編集

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
画像の情報をPaintShop Proの管理ワークスペースで確認したり、編集をして管理をするための方法を解説します。
講師:
03:35

字幕

このレッスンでは画像の情報を PaintShop Pro の管理ワークスペースで確認をしたり編集をして管理をするための方法を解説します。デジタルカメラで撮影した画像にはEXIF と呼ばれるメタデータやデジタルカメラの機種によっては位置情報等が記録されています。PaintShop Pro ではこれらの情報を表示したり新たに情報を書き加えることが可能です。デジタルカメラで撮影した画像の EXIF や位置情報等は画像ファイルに合わせて記録されています。管理ワークスペースで画像を選択すると情報パレットで確認することができます。EXIF をクリックするとデジタルカメラで撮影した状況そのものがそのまま記録されています。撮影日時や撮影したカメラのメーカーモデルや解像度露出時間、絞り値、等様々な情報が記録されています。場所をクリックするとGPS 搭載カメラやGPS ロガーと連動させて位置情報を記録した画像ファイルでは撮影した場所が地図上に表示されます。またホームページに画像を公開する際等著作権を気にする場合はIPTC に情報を記入しておくと良いでしょう。人物では画像を人物の名前に関連付けできます。コレクションの「別のフォルダを参照」で人物のフォルダを登録して選択しておきます。 オーガナイザーツールバーの「人物を検索」の所をクリックして「現在のフォルダをスキャン」をクリックします。「はじめに」という画面が表示されましたら「閉じる」をクリックします。選択したフォルダから顔の部分だけを抽出したサムネイルが表示されます。「このグループの名前を入力します」という欄をクリックして該当する名前を入力します。画像から人物を関連付ける場合はプレビューモードにして「人物」のタグをクリックして手動の「人をタグ付けする」をクリックして「これは誰ですか」という枠を顔の部分に合わせてクリックをしてここに該当する名前を入力するか既に登録されている名前をクリックして関連付けをします。関連付けた名前はコレクションの人物にタグとして追加されていますのでここをクリックすると該当する人物の写真だけを表示できます。この様に画像には情報が記録されていて編集もできますのでEXIF や位置情報を確認するだけでなく人物等の個別の情報も追加して画像データを活用し易い様にしておきましょう。以上、画像の情報をPaintShop Pro の管理ワークスペースで確認したり編集をして管理をする方法でした。

PaintShop Pro X8 入門

PaintShop Pro はとても多機能な画像編集ソフトです。写真の整理・修整や合成なども簡単に行うことができます。このコースでは、PaintShop Proでレタッチに関する機能やツールの使い方をワコムのペンタブレットを使いながら解説します。またペンタブレットを使うさいのブラシの筆圧設定や、描画するさいの各種ツールについても解説します。

2時間04分 (32 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年03月08日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。