PaintShop Pro X8 入門

タイムマシンでレトロな雰囲気の写真に

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
PaintShop Proのユニークな機能のひとつ「タイムマシン」を使って、現代の写真を1839年から1980年までさかのぼったかのようなレトロな雰囲気の写真にします。
講師:
02:23

字幕

このレッスンではPaintShop Pro のユニークな機能の 1 つタイムマシンを使って1839 年から1980 年迄のレトロな雰囲気の写真を作る方法を解説します。どの様な時代に使用されたものなのかまた、その特徴についても学びながら古めかしいイメージを作りだします。編集ワークスペースで写真を開きます。効果メニューの「写真効果」から「タイムマシン」を選びます。ここで「画像のプレビュー」にチェックを入れておきプレビューは閉じています。「規定値に戻す」をクリックしてリセットをしておきます。左側から一番古い手法で右に向かって新しい手法になります。一番左側は一番年代の古い「ダゲレオタイプ」が選択されています。「フォトエッチ」にもチェックが入っていますので重厚感のあるフレームが付いています。チェックを外すとフレームは消えます。右に行く程新しい手法に切り替わります。フォトエッチも年季を感じさせる様な味のあるものなのでそのまま写真用紙に印刷して手に取って見てみるのも楽しいかもしれません。青写真という懐かしさを感じさせるスタイルもあります。レトロな玩具などを撮影した写真が合いそうです。プラチナや初期カラー等1900年代始めのスタイルが手軽に楽しめますしクロス処理といった独特のカラーを表現する手法も強さのスライダーをドラッグして効果の適用量を簡単に増減して試せます。 OK をクリックして効果を適用します。更に画像メニューの「ピクチャーフレーム」を選ぶと様々なフレームで飾ることができます。以上、古い時代の手法を取り入れた作品を手軽に作ることができるタイムマシンの使い方でした。

PaintShop Pro X8 入門

PaintShop Pro はとても多機能な画像編集ソフトです。写真の整理・修整や合成なども簡単に行うことができます。このコースでは、PaintShop Proでレタッチに関する機能やツールの使い方をワコムのペンタブレットを使いながら解説します。またペンタブレットを使うさいのブラシの筆圧設定や、描画するさいの各種ツールについても解説します。

2時間04分 (32 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年03月08日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。