PaintShop Pro X8 入門

明暗別の合成よる幻想的な合成

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
複数の画像をレイヤーに重ねて、レイヤーのブレンド範囲を調整することによって、幻想的なイメージを作ります。選択や切り取りをしなくても簡単にできる合成です。
講師:
04:05

字幕

このレッスンでは複数の画像をレイヤーに重ねて、レイヤーのブレンド範囲を調整することによってこのような幻想的なイメージを作ります。選択や切り取りをしなくても簡単にできる合成です。ここでは三枚の写真を編集ワークスペースに開いています。一枚目がビルが建ち並ぶ写真、二枚目が氷柱のイルミネーション、三枚目は朝焼けの写真です。これらを合成して凍り付いた夜明けの町といったイメージにしていきます。まず二枚目の氷柱のイルミネーションの写真を開き、「編集(E)」>「コピー(C)」を選びます。ビルの写真を開いて、「編集(E)」メニューから「新しいレイヤーとして貼り付け(V)」を選びます。レイヤーパレットで貼付けたレイヤーの左上をダブルクリックして、「レイヤーのプロパティ」を開きます。「ブレンド範囲」を開いて「ブレンド条件(L)」が「グレーチャネル」の状態で「下のレイヤー(U)」の右側、上向きの三角形を左にドラッグしてチャネルの値を中間の123 に設定します。こうすることで、下のレイヤーの暗い部分にのみ上のレイヤーの画像が合成されます。右側の下向きの三角形を左側にドラッグすると、先に設定した合成結果において下の画像の陰影が強調されます。 ここでは下の画像、つまりビルの濃い部分に上の画像が自然に馴染むように218 に設定します。OK をクリックします。さらに重ねて貼り付ける画像を「編集(E)」>「コピー(C)」を選んでコピーをして「編集(E)」メニューから「新しいレイヤーとして貼付け(V)」を選びます。レイヤーの左側をダブルクリックして「ブレンド範囲」で、今度は「下のレイヤー」の左側上向きの三角形を右側にドラッグします。右側に大きくドラッグして、ここでは 241 に設定しました。すると、空の白い部分に貼り付けた画像が投影されます。左側の下向き三角形を右側にドラッグして、ここでは 144 に設定をしました。下の画像の建物の透けている範囲を不透明にしています。さらに「現在のレイヤー(T)」の、左側の上向き三角形を右側にドラッグして、12 に設定します。上の画像が投影されている濃い部分が透明になって、下の画像が投影されて、明るく白く変えることができます。OK をクリックします。仕上げに、一番上のレイヤーを選択した状態で全体の鮮やかさを調整します。「レイヤー(L)」メニューから「新しい調整レイヤー(A)」で「色相/彩度/明度(H)」を選びます。 「彩度(S)」のスライダーを上にあげてここでは 28 に設定をして、鮮やかさを強調しています。OK をクリックします。「ピック(P)」ツールに切り替えて各レイヤーをドラッグして、表示位置を調整します。これで完成です。以上、部分的に選択したり切り取ることなく複数の写真を合成して幻想的なイメージを作る方法でした。

PaintShop Pro X8 入門

PaintShop Pro はとても多機能な画像編集ソフトです。写真の整理・修整や合成なども簡単に行うことができます。このコースでは、PaintShop Proでレタッチに関する機能やツールの使い方をワコムのペンタブレットを使いながら解説します。またペンタブレットを使うさいのブラシの筆圧設定や、描画するさいの各種ツールについても解説します。

2時間04分 (32 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年03月08日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。