PaintShop Pro X8 入門

オリジナルのブラシ形状を作成

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
自分で描いた絵をオリジナルのブラシ形状として登録をして活用します。ペイントブラシをはじめ、さまざまなブラシツールで共通して使うことができます。
講師:
03:50

字幕

このレッスンではペイントブラシを始め、様々なブラシツールで共通して使うことができる、オリジナルのブラシ形状を作成する方法を解説します。ここではペイントブラシツールで作成していきます。その前にブラシ作成用の新規画像を作ります。「新規」をクリックします。「画像の新規作成画面」で画像サイズの「幅(W)」を 300 ピクセルに「高さ(H)」も 300 ピクセル、「解像度(R)」は 70 に「ピクセル/インチ」に設定します。画像の特性は「ラスター画像(A)」、「透過(T)」にチェックを入れてOK をクリックします。幅と高さが 300 ピクセルの透明な新規画像ができました。ここに新しいブラシの形状を作っていきます。「ペイントブラシ(P)」ツールを選びます。ツールオプションでブラシの形状を選びます。標準設定では「既定」が選択されています。この円形ブラシが基本となる形状です。ここに自分で描いた絵をオリジナルブラシとして登録ができます。OK をクリックします。色は明度によってブラシの濃さが変化しますが、ここでは黒を選んで、前景色に設定しています。画像をドラッグして、線を描きます。ここでは、私は細い線で斜めの線を描いて、クロスさせてさらに水平の線を大まかに引いてこれでアミカケにしました。 ブラシの形状の画面を開いて「選択範囲からブラシを作成」をクリックします。名前に好きな名前を入力して構いません。ここでは「あみかけ」と入力して「オプションの保存(S)」にチェックを入れて「ステップ(T)」を 80 に設定しています。OK をクリックします。一度画面を閉じて、もう一度開くとここに新しいオリジナルのブラシ形状が追加されています。これをクリックして、選択をしてOK をクリックします。今度はこのブラシで描くための新規の画像を作ります。「新規」から画像のサイズを、「幅(W)」は 800「高さ(H)」を 600 ピクセルに設定して色は「透過(T)」のチェックを外して白に設定しておきます。OK をクリックして、もう一度 OK をクリックして白紙の画像ができました。ブラシのサイズをここでは 50 に変更します。好きな色を選んで、ドラッグするとこのように描くことができます。ペンタブレットであれば筆圧で線の太さの強弱を付けて描いたり、サイズをさらに小さくして細い線で連続して描くこともできます。もちろん、他のブラシ系のツールでもこの形状は共通して使えますので、さらに様々な質感のオリジナルのストロークや描画が楽しめます。 以上、オリジナルブラシ形状を作成する方法でした。

PaintShop Pro X8 入門

PaintShop Pro はとても多機能な画像編集ソフトです。写真の整理・修整や合成なども簡単に行うことができます。このコースでは、PaintShop Proでレタッチに関する機能やツールの使い方をワコムのペンタブレットを使いながら解説します。またペンタブレットを使うさいのブラシの筆圧設定や、描画するさいの各種ツールについても解説します。

2時間04分 (32 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年03月08日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。