PaintShop Pro X8 入門

色の選び方

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
いろいろな用途で使用する「色」を、マテリアルパレットで選ぶ方法です。ブラシで絵を描いたり、塗りつぶしたりなど、特定の色を前景色や背景色に指定します。
講師:
05:05

字幕

このレッスンでは PaintShop Pro の編集ワークスペースでの色の選び方について解説をします。ブラシで絵を描いたり、塗りつぶしたりなど特定の色を選ぶ時にはマテリアルパレットを使います。開いていない時には「パレット(P)」から「マテリアル(M)」を選びます。絵の具を選ぶように特定の色を選ぶには、「サンプル」をクリックします。初期設定では「標準パレット」が用意されていて色のブロックから、好きな色を選んでクリックして大きな四角形の前景色に登録されます。ここは「前景のプロパティ」といって現在の前景色の状態を表示しています。ここに表示された色や質感などがそのままブラシや塗りつぶしに適用されて、色を描くことができます。「HSL マップ」を開くと色相と彩度、明度から選ぶことができます。色相の虹色のパレットから基本の色を選んで、上の大きなパレットで、明るさと彩度を選びます。縦軸が明度で、横軸が彩度です。さらに色相、彩度、明度など様々なカラースペースから選ぶ方法もありますし、直接「前景のプロパティ」をクリックして「マテリアルのプロパティ」で「単一」の「ホイール」から色を選んだり「スライダー」や「スウォッチ」で色を選びます。 「ホイール」の場合は円の周りの虹色が色相で中心から外側に向けて、彩度が高まります。右側で明度を調整して、目的の色を選びます。OK をクリックすると前景色に適用されます。「前景のプロパティ」の右下に重なっているのは背景色です。「背景のプロパティ」で、ここをクリックして前景色と同じように色を選んだり、管理ができます。ここでちょっと疑問に思うのは絵を描く時には筆に一色つまり前景色さえあれば、よさそうなものです。では背景色にはどのような意味があるのかというと二次的に使う色、と考えておきます。例えば、テキストツールを使った時に文字の中を塗り潰す色が背景色であったり、カラー消しゴムで消した部分に適用される色として背景色を使います。ここで「白黒に設定」をクリックして前景色を黒、背景色を白に設定しました。前景色の黒い色で「ペイントブラシ(P)」ツールでこのように描いたとして、次は白で描きたいという時には「マテリアルの入れ替え」をクリックして前景色と背景色を入れ替えます。白い前景色で描き重ねていったりさらにマテリアルを入れ替えてまた黒で塗り重ねるといった、背景色と入れ替えで白で描く、また黒で描くといった二色の切り替えが便利になります。 サンプルパレットではクリックすると前景色に右クリックをすると背景色に適用されますし、スポイト形のサンプルカラーをクリックして画像上でクリックすると前景色に適用されますし、Ctrl キーを押しながら、右クリックをすると背景色に適用されます。HSL マップで作った色はパレットに追加しておくと便利です。+(プラス)形の「パレットに追加」ボタンをクリックして最初にパレットを作成する必要があるので「新規」をクリックして、「名前(N)」に追加するパレットの名前を入力します。OK をクリックして、さらに追加する色の名前を入力してOK をクリックします。作成したパレットに新しい色が追加されますので、必要に応じて、パレットを切り替えて色を選択します。さらに、最近使った色が一番下に表示されていますので頻繁に使用する色は「パレットに追加」でどんどん追加していくと同じ色を作るという手間が省けます。以上、マテリアルパレットの前景色と背景色についてと、色の選び方の解説でした。

PaintShop Pro X8 入門

PaintShop Pro はとても多機能な画像編集ソフトです。写真の整理・修整や合成なども簡単に行うことができます。このコースでは、PaintShop Proでレタッチに関する機能やツールの使い方をワコムのペンタブレットを使いながら解説します。またペンタブレットを使うさいのブラシの筆圧設定や、描画するさいの各種ツールについても解説します。

2時間04分 (32 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年03月08日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。