PaintShop Pro X8 入門

ピクチャチューブで写真に連続スタンプ

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
PaintShop Proの楽しいスタンプ機能、ピクチャチューブで写真を飾る方法です。オリジナルのピクチャチューブを作成して活用します。
講師:
06:22

字幕

このレッスンでは PaintShop Pro の楽しいスタンプ機能、「ピクチャチューブ」で写真を飾る方法を解説します。このような写真からスタンプを作り写真にこのような花のスタンプをペタペタと貼り付けていきます。PaintShop Pro には古くから人気の「ピクチャチューブ」という、ドラッグやクリックをして画像をペタペタ貼付けていく機能があります。「ピクチャチューブ(I)」ツールを選んでブラシの形状を選びます。スタンプの絵柄はあらかじめ複数用意されています。ここでは蝶を選んで、ドラッグをするとその軌跡に沿って、登録されている絵柄がランダムであったり規則的な配置で描かれていきます。「スケール」でスタンプの大きさを調整してクリックをすると、このように一つだけ画像を貼付けるといったこともできます。このピクチャチューブは自分で作ることもできます。ここではこの花の写真から4パターンに変化する、ピクチャチューブを作っていきたいと思います。写真から作る時は、形や色がはっきりしているものが適しています。ここでは「スマート選択ブラシ(S)」ツールを選んでオプションで「内側」を選んで、花の内側をドラッグして輪郭に沿って選択をします。 選択範囲の境界をきれいに切り取るので「選択範囲(S)」から「変更(M)」で「内側/外側にぼかす(I)」を選びます。「設定」は「内側(I)」を選択して、「ぼかす量(F)」を 10 に設定しています。変更後のプレビューで輪郭がきれいに内側にぼけていることを確認して、 OK をクリックします。この花を切り取って移動します。「ピック(P)」ツールを選んで花を左上の方にドラッグして移動します。ここではこの画像のキャンバスに4つの花が接触しないように余白を保ちながら、配置したいので枠の角を少し内側にドラッグして縮小します。これで1つ目のスタンプができたので下の元のレイヤーを選択して、「レイヤー(L)」から「削除(E)」を選んで「はい(Y)」をクリックします。背景が透明になりました。このレイヤーを元に、あと3つレイヤーを複製します。「レイヤー(L)」メニューから「複製(U)」を選んで右の方に移動します。「レイヤー(L)」メニューから「複製(U)」で今度は下に移動して、もう一度「レイヤー(L)」メニューから「複製(U)」で左下に配置します。これらの花の形や色に変化を加えていきます。現在選択しているレイヤーの花の色を変えていきます。 「調整(A)」メニューから「色相と彩度(U)」で「単色効果(C)」を選びます。「色相(U)」は 0 、「彩度(S)」を 219 に上げて、赤い花にします。OK をクリックします。右側の花を選択します。同じように「調整(A)」メニューから「色相と彩度(U)」で「単色効果(C)」で今度を「色相(U)」を 63 に変更して緑色にします。OK をクリックします。花を囲む枠の上下にあるポイントを内側にドラッグして、縦に縮めます。角の外側をドラッグして、少し傾けます。これで2つ目の花ができました。右上の花を選択して、同じように「調整(A)」メニューから「色相と彩度(U)」で「単色効果(C)」今度は「色相(U)」を 160 に変更して青い色にします。この花は少し小さめに変形をしてこれで4色の花ができました。いずれかのレイヤーが選択されている状態で右クリックで「結合(M)」から「表示しているレイヤー(V)」を選びます。レイヤーが一つになって、背景が透過されています。これをピクチャチューブとして保存します。「ファイル(F)」メニューから「エクスポート(T)」で「ピクチャチューブ(P)」を選びます。「セルの配置」で、ここでは横に花を2つ配置しているのでセルの「列(C)」は 2 に、縦にも2つ配置しているのでセルの「行(E)」も 2 に変更します。 自動的にセルの「合計(T)」が 4 になり「チューブ名(U)」にはわかりやすい名前を入力します。ここでは「はな」と入力してOK をクリックします。これでオリジナルのピクチャチューブが登録されました。ペタペタスタンプしたい画像を開いて、「ピクチャチューブ(I)」ツールを選んでブラシの「形状」から先程登録した「はな」を選択します。ドラッグすると、このように連続して描くことができます。一旦元に戻して「スケール」を今度は 50 に縮小して「ステップ」も 400 に変更して間隔を広げて、ドラッグすることで、このように小さく描くことができました。さらにペンタブレットでは「選択モード」で「筆圧」で描く花の種類を変化させる、といったこともできます。以上、写真を使ってオリジナルのスタンプを作って活用する方法でした。

PaintShop Pro X8 入門

PaintShop Pro はとても多機能な画像編集ソフトです。写真の整理・修整や合成なども簡単に行うことができます。このコースでは、PaintShop Proでレタッチに関する機能やツールの使い方をワコムのペンタブレットを使いながら解説します。またペンタブレットを使うさいのブラシの筆圧設定や、描画するさいの各種ツールについても解説します。

2時間04分 (32 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年03月08日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。