Photoshop CC 2015のアップデート

ユーザーインターフェースの改訂面

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または

ユーザーインターフェースの色変更に伴い、環境設定パネルの色も変化するなどの改定項目について解説します。

講師:
3:15

字幕

このレッスンでは新しいバージョンの Photoshop の細かな変更点について解説します。では細かい変更点いくつか、主にインターフェースに関する所ご紹介しようと思います。ではまず「環境設定」Mac の方は「Photoshop CC」メニューからWindows の方は「編集」メニューから出して下さい。そこの「インターフェース」これを開きます。そうすると、この「アピアランス」の項目の中に「カラーテーマ」があります。これは前からありますね。「カラーテーマ」を変えるとこの様に全体の色が変わるわけなんですが実は、このカラーテーマの変更を行った時に前のバージョンの Photoshop まではこの外側の全体のデザインは変わるんですが今開いている、この「環境設定」のウィンドウここの色は変わらないままでした。それが今回からは「カラーテーマ」の変更に従ってちゃんと、この「環境設定」のウィンドウの中もそれに応じた色に変わる様になっています。以前どうしても外の色と食い違っていたので変な雰囲気だったんですが、より統一感がでた形となっています。ただこういった部分は統一されたんですが、例えばこうした Camera Raw フィルターなんかCamera Raw は外部のプログラム扱いになってるのでこの様に周囲の色変わっていません。 一部はこの様に変わらないままとなっています。Camera Raw の中もここの画像の周りの部分は右クリックすることで色をこの様に変えることができるようになっています。ただ、他のフィルターのウィンドウなんかはちゃんと統一された色に変わっています。もう1つ、ここ見て頂くとわかるんですがこれボタンのデザインが全部丸くなっています。形が変わっただけで機能は従来と一緒なんですがデザイン的にかなり今っぽいというか最近の流行のフラットデザインを更に強調したような感じになっています。あともう1点細かい所なんですがここの複数のファイルを切り替えられるタブです。ここの大きさを「環境設定」>「ワークスペース」こちらに「大きなタブ」というオプションができました。これをオンにするとちょっとですけどタブが大きくなります。微妙な所ですけど若干見やすさが変わるのでもし、タブが小さくてクリックしにくいという場合には「大きなタブ」としておくことも可能となっています。この様に Photoshop の新しいバージョンのインターフェース細かい部分ですが様々な変更が適用されています。

Photoshop CC 2015のアップデート

Photoshopに2015年6月のアップデートでさまざまな新機能や機能強化が加わりました。このコースではスマートフィルターやレイヤー効果の変更、ぼかしギャラリーの拡張、レタッチツールの改良、アートボードの使い方、クイック書き出しの機能などPhotoshop CC 2015の変更点をまとめて学ぶことができます。

2時間53分 (36 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像編集
価格: 1,990
発売日:2015年07月18日
アップデート日:2016年06月20日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。