Photoshop CC 2015のアップデート

ライブラリの新機能

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
既存のドキュメント内の項目からのライブラリ作成、レイヤースタイルなど新しく追加可能になった項目、Adobe Stockとの連携などライブラリの新機能を解説します。
講師:
6:10

字幕

このレッスンではライブラリの新機能について解説します。今回のバージョンの Photoshop ではライブラリに関する様々な新機能が追加されました。ではそれらを見ていきましょう。まず 今 開いている書類なんですがこの中には様々な項目が入っています。例えば、テキストがあったりそこにレイヤー効果がかかっていたりまた様々なスマートオブジェクトがこの中にあります。新しいバージョンの Photoshop ではこうしたドキュメントの中に含まれてる項目を簡単にライブラリに取り込むことができるようになりました。では、ライブラリのパネルを表示します。そうすると、左下にこんなボタンがあります。「ドキュメントからライブラリを作成」ライブラリの中に何もない場合にはここにも同じ項目がありますね。では、これをクリックしてみましょう。そうすると、ドキュメントの中身が解析されて この様に一覧表示されます。このドキュメントの中には「文字スタイル」が1個とあとカスタムの「カラー」これが2個そして「レイヤースタイル」が1個「スマートオブジェクト」が10個ですね。この様に入ってきます。もしライブラリに入れなくてもいい項目があったらチェックを外しておきます。 今回この状態で「新規ライブラリを作成」とクリックするともう取り込みが行われました。ライブラリの名前今ファイル名が text というものですけど同じになってますね。ファイル名と同じ名前のライブラリができました。そして見ていくと作成された「カラー」であったり「文字スタイル」そして「レイヤースタイル」そして「グラフィック」という所にスマートオブジェクトですね。こうしたものが、この様に取り込まれています。ではこの様に1回ライブラリに取り込まれてしまえば新しく書類を作って例えばこの収録されたもの「グラフィック」なんかを持ってくるといったことで簡単に利用できるようになってます。こうして既にできている素材からも簡単にこの様にライブラリを作成できるようになりました。今ご覧いただいた通り、従来よりもこのライブラリに入れられるものが種類が増えてます。「文字スタイル」であったりとか例えば「レイヤースタイル」なんかもじゃあライブラリを切り替えてこっちのライブラリに切り替えました。例えばこの「スタイル」の項目に入っているものこれをドラッグしてライブラリに持ってくるとこの様に追加することができるようになりました。こうしておけば他のマシンなんかで作業する場合にもこのスタイルを簡単に共有することが可能となっています。 従来はできなかったこうしたレイヤースタイルなんかもライブラリ経由で同期できるという大変便利な状態となっています。ライブラリで便利なのがAdobe Stock というAdobe が運営しているストックフォトつまり素材の販売サービスです。そういった所と連携しています。もうここに薄い字でAdobe Stock を検索とありますがここから素材を検索することができるようになっています。では 例えば「空」と入力してEnter してみると今インターネット経由で検索が行われて「空」というキーワードででてきた様々な画像の素材が表示されています。ちょっと小さいので表示を広げてみるとこの様に様々なグラフィック素材がでてきました。では まだここで購入されてないのでAdobe Stock という透かしが入ってますね。これは購入すればもちろん消して使えますし購入前にちゃんとデザインにはまるかな、と試しで使うことが可能となってます。ではやってみましょう。では、この素材例えば 使おうかなという時そうした場合にはまずいきなり購入してもいいですがまず試したい場合にはここですね。「プレビューをマイライブラリに保存」とあるので、これを実行します。 そうすると今 同期が行われていて自分のマイライブラリの方にさっき選択した画像これがやってきてます。この持ってきた画像はドラッグ&ドロップでこの様に 配置して使うことができます。透かしが入ってますね。これの素晴らしい所はやっぱりこの画像、使おうと’決めて購入すると、スマートオブジェクトとして同期されてこの透かしを消すことができます。なので仮状態でとりあえず入れておいて最終的に判断するとそうした大変効率的な使い方が可能となっています。この様に既存の作成したドキュメントから様々な項目を取り込んだりまた従来なかったレイヤースタイルであったりとか文字スタイル、カラーなんかも登録できて更に素材のストックフォトとも連携して様々なものを検索してそして仮で入れることが出来ると非常にワークフロー全体に関わる面白い機能がたくさん入っています。ライブラリの活用今回の Photoshop のアップデートかなりポイントとなります。新しいライブラリの機能ローカルで作成する機能もストックフォトの Adobe Stock と連携した機能その両方を是非とも試してみて下さい。

Photoshop CC 2015のアップデート

Photoshopに2015年6月のアップデートでさまざまな新機能や機能強化が加わりました。このコースではスマートフィルターやレイヤー効果の変更、ぼかしギャラリーの拡張、レタッチツールの改良、アートボードの使い方、クイック書き出しの機能などPhotoshop CC 2015の変更点をまとめて学ぶことができます。

2時間53分 (36 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像編集
価格: 1,990
発売日:2015年07月18日
アップデート日:2016年06月20日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。