はじめてのHTML&CSS入門

XHTMLとHTML5について

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
実際にHTMLを記述する前に、HTMLの規格についてご説明します。XHTMLはXMLの拡張性を活かした規格ですが、これからはHTML5という新しい規格が主流となっています。このコースではHTML5の規格に沿って進めていきます。
講師:
03:54

字幕

このレッスンでは2つの HTML について学びます。1つ目は XHTML です。X は extensible を意味しており拡張性に優れた XML 言語の文法で定義し直したマークアップ言語です。コンピューターに情報を理解させることに長けているのが特徴で最近まで広く採用されていました。実際はこのような記述になっています。XML 宣言が1行目にあり、この書式は XML にのとって書かれたということを表していますが情報設計とは関係のない部分に多くの記述、ルールがありすこし煩雑な印象を受けます。このように XHTML は XML の文法にのとってしまったがために記述しなければならないルールが多く厳しい文法が採用されていてコンピューターに合わせすぎてしまったと言えるかもしれません。次は HTML5 について見てみましょう。HTML5 は新しい HTML なのですが沢山の機能が盛り込まれているため広義、広い意味と狭義、狭い意味でのHTML5 を それぞれご紹介します。まずは広義、広義の HTML5はオーディオ、ビデオと言ったマルチメディア表現が可能であったりシステムと連結するような web API を含めてHTML5 と言うことがあります。 API とは、アプリケーションプログラミングインターフェースの略で言葉は難しいですがこの API のおかげで、アプリケーションを柔軟に開発することができるようになりました。さて、狭義のHTML5 に関しても見てみましょう。まず、HTML5 で書かれたファイルを閲覧してみましょう。HTML5 では XHTML に比べて1行目や2行目にあった煩雑なルールの表現がありません。よりシンプルに記述することができます。また、新しい Semantics タグと言って意味を始めからタグに持たせるということを目的にして作られた新しいタグそれを使うことによって人間にもコンピューターにも分かりやすいweb 目指したようになっています。情報を正しく解析できるように意味付けすることを Semantic Web と呼びSemantic Web をより効率的に実現するために新しいタグが登場してきたということです。またこれから web デザインは是非 HTML5 を学んでいきましょう。HTML5 は web アプリケーションプラットフォームと呼ばれております。HTML5 に合わせて各種ブラウザも進化を遂げており画像ファイルを使用しない斬新なグラフィックデザインが可能であったりデータベース等の仕組みをブラウザ自体に持たせることも可能になっています。 そして Semantic Web という考え方が普及しています。よりロジカルに文書構造を定義そして多彩な情報を埋め込むことによって検索性であったり、各種 web での連携を強化することができます。このレッスンでは XHTML、HTML5 をご紹介しました。

はじめてのHTML&CSS入門

Webデザインの基本はHTMLとCSSにあると言っても過言ではありません。ブラウザにそのページの論理構造を正しく伝えるためのHTMLと、そのページをいかに見せるかを設定するCSSの二本柱をきちんと理解する必要があります。このコースでは前半でHTMLとCSSの基本を学んだのち、後半ではCSSの実際の応用の仕方や各種ツールの使い方などについて学びます。

3時間35分 (38 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年03月26日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。