Cubase 8入門

ベースのフレーズを入力

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ベースのパートを作るために、音源のHALion Sonic SEをアサインし、音色を選んでベースの基本フレーズを作成します。
講師:
06:58

字幕

このレッスンではベース用の音源をアサインしてフレーズを作成します。さあそれでは、ドラムのパートが一応できたのでここにベースを加えてみましょう。では新しく音源を加えます。では VST インストゥルメントの所から「トラックインストゥルメントを追加」これをクリックしてインストゥルメントの所ですね。ここから今度はこの Synth のカテゴリーに入っているHALion Sonic SEこれを選んでトラックを追加します。そうすると HALion Sonic SE という音源が出てきました。ちょっと画面が切れてますけど下の方の鍵盤がある所をクリックすると(シンセサイザーの音)初期状態ではこのようなシンセパットの音が鳴ってますけどこの HALion Sonic SE は様々な種類の楽器の音源が入っている総合的な音源となります。ではこの First Contact と書いてある所ここが音色のブラウザとなるのでクリックします。そうするとこのように音色の選択画面となります。この時なんですけど様々な条件でソートして表示することができます。HALion Sonic は非常に膨大な量の音色が入っているのでこのブラウザをうまく使って探すことになります。 例えばこのカテゴリーですね。これをクリックして例えばピアノなんてのをクリックするとピアノの音ばかりが出てきます。そしてその中から何かを選ぶと読み込まれて、そして(ピアノの鍵盤を弾いた音)ピアノの音になりましたね。このように切り替えて使うことができます。それではこのカテゴリー。ベースを選びます。さらにエレキベースですね。E Vase これを選びましょう。そうするとここに色んな音色が出てきます。では今回は指で弾いているエレキベースのニュアンスがほしいのでこの一番上に出ていますね。Electric Vase Finger という音色があるのでこれをダブルクリックして選んでみましょう。そして比較的低い音域の方をクリックすると(ベース音)ベースっぽい音ですね。このアイコンもベースになってます。じゃあこれで音色のアサインができました。では HALion Sonic SE のウィンドウを一回閉じてそうしたらここにトラックができてますね。では今ここのトラック内の所。例えば Groove Agent であるとかHALion Sonic SE と。この音源の名前になってますけど分かりずらいのでパートの名前に変えましょう。 これをダブルクリックすると入力状態となるのでじゃあトラック1はDrum としておきましょう。今の HALion Sonic の方ですね。ここは Vase としておきます。これでベースのトラックができました。今4小節あるんですけど(Groove Agent 再生)とりあえず1小節だけループさせてベースのフレーズを作ろうと思います。あんまり色々音が入っているとやりずらいので3小節目が(Groove Agent 再生)一番基本的なパターンで使いやすいのでその L R のロケ―ター範囲を3小節目だけにします。そうするとここだけループするようになりますね。ではベースのトラックですね。この L R を選んでいる状態でダブルクリックするとブロックが作成されます。ではこの中にフレーズを作っていきましょう。ダブルクリックしてキーエディタを開きます。そうしたら…(キーボードの音)鍵盤をクリックすると音が鳴りますね。ちょっと下の方に行って(キーボードの音)下の方に行くとだいぶ音程が低くなりますね。(キーボードの音)大体ベースだとこのあたりが音域ですね。では基本となるフレーズですね。これを入れてみましょう。では鉛筆ツールにしてじゃあこんなフレーズにしてみましょう。 まずこのクオンタイズグリットを16分の状態にしてじゃあC1の音これを1個入れてみましょう。(C1の音)じゃあまた8分音符隣ですね。ここの部分にももう1音入れます。これで2つ音が入りましたね。(基本のフレーズ再生)こんな感じになりました。じゃあタッタッターンと伸びる音を入れましょう。ドシラソ、ソの所ですね。この高さで伸びる音を入れます。伸びる音を入れる時にはクリックしたままドラッグします。そうすると…(キーボードの音)一拍分伸ばしてください。これでどうなるかと言うと(基本のフレーズ再生)こんなフレーズになりました。そうしたらラ#(シャープ)この音も入れましょう。(ラ#の音)3つ分ですね。そうしたらまたドの音ですね。(ドの音)こんな感じにしてみます。ドドソー、ラ#ドドですね。聞いてみましょう。(基本のフレーズ再生)こんな感じになりました。これでベースの基本的なフレーズが完成しました。

Cubase 8入門

Cubaseは初心者から一流のアーティストまで非常に多くのユーザーがいる人気の音楽制作ソフトです。このコースでは、Cubaseの基本設定から曲の作り方、Cubaseに付属するソフトウェア音源を使った打ち込みや生音の録音方法、さらには最終的なミックスダウンまでひと通り学ぶことができます。世界標準の一角を担う強力な音楽作成ツールの使い方をぜひ身につけてください。

3時間06分 (30 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Cubase Cubase 8
価格: 2,990
発売日:2016年03月16日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。