Cubase 8入門

ベースのフレーズを作りこみ

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
音の長さやベロシティなどを微調整した上でフレーズをコピーし、ベースの構成を作ります。
講師:
05:47

字幕

このレッスンではベースのフレーズの作りこみを行います。では現在…(基本のベースフレーズ)こんなフレーズになっています。このままでも成り立っているんですけどもっといい演奏にするためにちょっとエディットしていきましょう。では(基本のベースフレーズ)まず気になっているのがこの後ろの2つの音ですね。こっちのこの音ですね。短く切ってるんですけどもう少し伸ばしたいかなと思います。ちょっと伸ばしてみましょう。(基本のベースフレーズ)だいぶ印象が変わりますね。このようにもちろんこの譜割であったりとか音程ですね、大事なんですけどそれと同時に音の長さそれもかなりノリに細かく影響してきます。さらに細かく詰めていくのであれば今この打ち込んでいる単位と言うのがこのグリッドに沿って16 分音符の長さが一番短くなっています。これ以上小さくならないですね。このグリッドに沿った入力をする時はこの部分です。このスナップと言うのがオンになってます。ただ音楽的な表現の場合はもっと細かく実は時間を刻んでいきます。もっと細かい単位でエディットしたい場合にはこのスナップをオフにしてやるとさらにそのグリッドを外れて調整することができます。 では頭2発は全く同じ音なので2音目はちょっと短くしてみましょう。そうすると(基本のベースフレーズ)こんな感じになりますね。ちょっと微調整しましょう。1拍目はちょっと長く。(基本のベースフレーズ)長さを変えていくだけでもだいぶ違いますね。またこのグリッドに沿った編集を行う時にはスナップをオンにしておきます。じゃあベロシティもちょっとばらつきを作りましょう。(調整している音)(基本のベースフレーズ)だいぶばらつきが出てきましたね。そうしたら今ここの音(基本のベースフレーズ)ダーンダンと繋がっているんですけどここもちょっとニュアンス変えてみましょう。ではスナップオンで構わないのでこれを 16 分だけ短くします。そうしたらここに1個音符を置くんですけど、このままだと(基本のベースフレーズ)なってしまうんですけど、これをですね(調整している音)ベロシティを非常に小さくしてあんまりくっきり聞こえないようにします。こんな感じにしてみると(基本のベースフレーズ)一瞬、弦を見落としたような雰囲気が出ています。完全にないのとはまた違った感じに聞こえますね。こうしたゴーストノートと呼ばれるあまりくっきり聞こえないけどノリに影響してくる音符ですね。こういうのを入れていくと更に雰囲気が出てきます。ではこれが基本パターンとなるのでこれを他の小節にもコピーしましょう。 そして全体をループにしてドラムと合わせて聞いてみましょう。(基本フレーズ 再生)じゃあフレーズをもうちょっと入れてみましょう。2小節目の所ですね。では今タタターンタンタンときてますけどここの最後の音ですね。これをちょっと変えてみましょう。レ#の音程にしてベロシティもいじってみると(基本フレーズ 再生)こんな感じになりましたね。では4小節目も同じものにしましょう。クリックして選択してDelete で消します。そしたら2小節目をコピーして持ってきます。ではこれで(基本フレーズ 再生)こんな雰囲気となりました。こんな風にベースも細かくエディットしていくとだいぶ演奏の雰囲気が出てきます。

Cubase 8入門

Cubaseは初心者から一流のアーティストまで非常に多くのユーザーがいる人気の音楽制作ソフトです。このコースでは、Cubaseの基本設定から曲の作り方、Cubaseに付属するソフトウェア音源を使った打ち込みや生音の録音方法、さらには最終的なミックスダウンまでひと通り学ぶことができます。世界標準の一角を担う強力な音楽作成ツールの使い方をぜひ身につけてください。

3時間06分 (30 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Cubase Cubase 8
価格: 2,990
発売日:2016年03月16日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。