Cubase 8入門

ベースにエフェクトを適用

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ベースの音にアンプシミュレータの「VST Bass Amp」をアサインして、ベースの音をより深みのあるものに加工します。
講師:
05:51

字幕

このレッスンではベースにエフェクトを適用します。今、このような状態になっています。♪(ベースの音楽)♪悪くはないのですが、ベースの音HALion Sonic SE の音は良くも悪くも、綺麗にまとめられた音になっているので♪(ベースの音楽)♪もう少し、アグレッシブさがあってもいいかなという雰囲気です。そこでベースにエフェクトを加えてもっとエレキベースの生々しい雰囲気を出してみましょう。では、エフェクトの処理を行うのでミキサーを立ち上げます。ミキサーは「デバイス」メニューの中のMixConsole です。これを実行するとミキサーが表示されます。Function キーの3 F3 でも一緒です。これを表示するとここにベースがあります。ここに対してエフェクトを掛けてあげます。では、INSERTS という所があるのでここをクリックするとスロットが開きます。ここにベース用のエフェクトをアサインしてあげます。今回は、Distortion 歪みこの項目の中ですが歪みの項目の中にはギターやベースに関する項目もありますがこの中に VST Bass Amp というのがあります。これを掛けてみましょう。これは、読んで字のごとくドライヘックもそんな感じですがベースアンプをシュミレーションするエフェクトです。 では、ちょと聞いてみましょう。ここに電源スイッチがありますがこれをオフにすると効果がない状態が聞けます。1回オフにして...♪(ベースの音楽)♪これが元の音です。では、オン にしてみましょう。♪(エフェクトの掛かったベース音楽)♪どうでしょう、オン にしただけで雰囲気が変わりました。では、オン/オフ にして聞いてみましょう。♪(エフェクトを掛けたりとったりしたベース音楽)♪♪(エフェクトを掛けたりとったりしたベース音楽)♪どこか薄かったサウンドが、アンプをオンにしただけで深みが出てきました。この様にエフェクト、特にアンプシュミレータなどを使うことでよりリアリティのある雰囲気を作ることができます。このベースアンプですが非常によくできていまして例えばヘッドアンプとかCabinets の種類とか自由に選ぶことができます。なかなか本物のスタジオでもこんなにアンプが揃っている所はないと思いますが選び放題の組み合わせて選んだ上で更にそれを、どんなマイキングで取るかなど、そういった所やつなぐ順番なども調整した上で更に様々なベース用のエフェクターペダルエフェクターですがこれもこの中から選ぶことができます。 まさに、ベーシストにとって夢のような雰囲気のエフェクトだと思います。今回、プリセットの構成がたくさん入っているのでこれを色々呼び出して試してみましょう。アンプとエフェクターの組み合わせですが変えると音が変わってきます。順番に演奏しながら変えてみましょう。♪(様々なエフェクトを掛けたベース音楽)♪♪(様々なエフェクトを掛けたベース音楽)♪♪(様々なエフェクトを掛けたベース音楽)♪♪(様々なエフェクトを掛けたベース音楽)♪かなり雰囲気変わってきます。今回はこのプリセットの中からGlued というのがあるのでこれを選んでみましょう。見た目はこんな感じになります。♪(エフェクトの掛かった音楽)♪どうでしょう。ヘッドフォンや大きめのスピーカーで聞くと非常に低音がブーンと効いた感じのベースになったと思います。わりと上の高域の方がいい具合に押さえられてベースっぽくなったかなと思います。今、ベースの音量が大き過ぎるのでこれをやった上でフェーダー、これを下げてドラムとのバランスを取ってみましょう。♪(エフェクトの掛かったベース音楽)♪♪(エフェクトの掛かったベース音楽)♪こんな雰囲気になりました。ここをクリックする毎にオン/オフを切り替えられるのでない所とある所また聞き比べてみましょう。 まず、オフの状態から始めます。♪(エフェクトの掛かっていないベース音楽)♪♪(エフェクトの掛かっているベース音楽)♪♪(エフェクトの掛かっていないベース音楽)♪♪(エフェクトの掛かっているベース音楽)♪どうでしょう非常に大きく雰囲気変わりました。この様に Cubase は音源もそうですし更にそこに内臓エフェクターも非常によくできているのでそれを適用してやることでより深みのあるサウンドを作ることができます。

Cubase 8入門

Cubaseは初心者から一流のアーティストまで非常に多くのユーザーがいる人気の音楽制作ソフトです。このコースでは、Cubaseの基本設定から曲の作り方、Cubaseに付属するソフトウェア音源を使った打ち込みや生音の録音方法、さらには最終的なミックスダウンまでひと通り学ぶことができます。世界標準の一角を担う強力な音楽作成ツールの使い方をぜひ身につけてください。

3時間06分 (30 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Cubase Cubase 8
価格: 2,990
発売日:2016年03月16日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。