Cubase 8入門

共通のリバーブを適用

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
すべてのチャンネル共通で使うリバーブを設定し、センドの設定を行って複数のチャンネルから適用します。
講師:
08:00

字幕

このレッスンでは複数のトラックに共通のエフェクトを適用します。では ここまでの段階で幾つかのチャンネルそれにいろんなエフェクトを適用してきました。こういったものですね。♪(制作中の音楽)♪それぞれのエフェクトは各チャンネルにインサートされてるのでそのトラックだけに作用するようになってます。ただ エフェクトの中には複数のトラックで共通して使いたいというものもあります。例えばリバーブなんか複数の素材を1個のリバーブ同じ響きを使うことで全体の統一感を出すということをやります。その時に 同じリバーブを それぞれのチャンネルにインサートしていると効率が非常に悪いです。そういった場合には1個のリバーブを複数のチャンネルで共有して使うという使い方それを行います。ではそれ、早速やってみましょう。では1回トラックの方に移動してではトラックの部分で新規トラック作成をします。右クリックして「FX チャンネルトラックを追加」これを実行します。そしたらここでエフェクト使用したいエフェクトを決めます。今回はReverb の中の REVerenceこれにしましょう。これをアサインします。そして「トラックを追加」、行うとこれが REVerence の設定画面ですけどとりあえずこれ、このままにしておきましょう。 今ある1個の響きが選ばれてます。では、これをどっかのパートに適用してみましょう。では、MixConsole を表示してでは、今回ドラムの所にまずかけてみましょう。このチャンネルの設定の一番下の所ですね。SENDS という項目があります。では ドラムの SENDS の所クリックしてあげて送り先というのを決められます。ここで FX-1 REVerenceさっき設定した所ですね。これを選びます。そしたらここに数字の設定がでてますけど「Send ゲイン」という所です。この部分をドラッグすると数値が変わります。では、こっちの「Send をオン」という所、クリックした後にここの数値を変えてみましょう。では わかりやすいようにドラム、ソロにして変えてみます。聞いてみて下さい、まず0の状態から「-∞」の状態ですね、ここからやってみましょう。(ドラムの音)いかがでしょう?この SENDの量、つまりエフェクトに送る量を増やしていくとどんどんリバーブが深くなっていきますね。合わせてみててほしいのがこの、さっきアサインした FX チャンネルここにもレベルが振れてます。(ドラムの音)信号を送ってない所は全く反応せずにどんどん増やしていくとどんどんこちらも大きくなっていきます。 (ドラムの音)こんな感じですね。では 試しにエレピのパートここもソロをオンにしましょう。今エレピにこのリバーブかかってないと(ドラムとエレピの音)こんな感じです。では このエレピの所もREVerence を出力先にしてFX をオンにしてこれで段々かけてみるとどうなるかというと(エレピとドラムの音)雰囲気が変わってきましたね。では、これかけた所でリバーブのキャラクターを選びましょう。では FX チャンネルFX チャンネルに使われているエフェクトというのは、実は上の方に行くとINSERT ですね、FX チャンネルにインサートされるという形でアサインされています。ではこの e という所クリックします。そうすると設定がでてくるので今、最初の初期設定になってますけどbrowse をしてリバーブのキャラクターこれ切り替えて聞いてみましょう。(エレピとドラムの音)では今回はこの Artverb という奴これを使ってみましょう。じゃあソロを解除して聞いてみます。♪(制作中の音楽)♪大分変ってきましね。ではこの外部シンセの音ここにもリバーブ、加えてみましょう。♪(制作中の音楽)♪♪(制作中の音楽)♪雰囲気が大分変わってきたと思います。 特に幾つかの楽器が同じ空間の中にいることでより曲全体に統一感がでてきたかなと思います。♪(制作中の音楽)♪ここの FX チャンネルの INSERTこれオフにすると使用前を聞けるので使用前後、比べてみましょう。じゃあ使用前です。♪(使用前の制作中の音楽)♪使用後は♪(使用後の制作中の音楽)♪今音量もちょっと変わったのでちょっとわかりづらいんですけどでも空間はだいぶ違ってますよね。この様にして大幅に統一感のある演出を加えることができます。リバーブですとか、あとディレイなんかそういった空間を作るためのエフェクトはよくこの SEND エフェクトという方法これで適用されてます。空間を揃えて全体の統一感を出すのに非常に有効なので是非とも使ってみて下さい。

Cubase 8入門

Cubaseは初心者から一流のアーティストまで非常に多くのユーザーがいる人気の音楽制作ソフトです。このコースでは、Cubaseの基本設定から曲の作り方、Cubaseに付属するソフトウェア音源を使った打ち込みや生音の録音方法、さらには最終的なミックスダウンまでひと通り学ぶことができます。世界標準の一角を担う強力な音楽作成ツールの使い方をぜひ身につけてください。

3時間06分 (30 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Cubase Cubase 8
価格: 2,990
発売日:2016年03月16日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。