Cubase 8入門

オートメーションを記録する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
曲の最後でフェードアウトする部分を作るために、マスターのフェーダー操作をオートメーションで記録します。
講師:
05:51

字幕

このレッスンではオートメーションを使って曲のフェードアウトを作成します。この時点までで大体曲の要素ができました。今回は講座なので4小節だけでシンプルに分かりやすくやってますけどこれ、細かく色んなフレーズを使っていけばもう曲ができてしまうというわけです。後はもうフレーズをいっぱい作るだけの話しでやることは講座でやったことと全く同じです。では今このサンプルの曲も4小節でループしてるだけでは、あまりにちょっと寂しいのでフェードアウトして終わっていくような構成に直してみましょう。では今4小節しかないですけど同じでいいので3回繰り返してフェードアウトするようにしてみましょう。では、ここの部分で表示を拡大、縮小してちょっと縮小して見えるようにしておいて全体を選びます。そしたら Mac の方は OptionWindows の方は Alt キーを押しながらドラッグしてこれで丸々複製できます。同じ要領で3つ目ですね。3つ複製しました。ではこのサイクルですね、これをオフにして、ループしなくしておきます。そしたら、当然今の状態だと最後が♪(制作中の音楽)♪この様に急に曲が終わってしまうのでここに行くまでに徐々にボリュームが下がっていくようにしましょう。 そのやり方ですけどリアルタイムであればこのフェーダーを動かすという手もあります。以前、原則として動かしてはいけないといったこのステレオのマスターのフェーダーですけどフェードアウトする時だけは動かしても結構です。上げるのは駄目です、下げる方向でフェードアウトさせる時だけは例外として動かしても大丈夫です。例えば♪(フェードアウトしていく制作中の音楽)♪♪(フェードアウトしていく制作中の音楽)♪こんな感じです。じゃあ戻しましょう。Command もしくは Ctrl を押しながらクリックします。ただ、これ毎回手でやるのは面倒ですよね。なのでこれが自動的に動作するようにオートメーションというのを記録しましょう。ではオートメーションを記録する時にはこのミキサーの書くフェーダーの下にあるR と W というスイッチがあります。これは R が Read の略でオートメーションの読み込み。そして W は Write で書き込みです、それを表しています。では、実際に記録を行ってみます。まず先頭に戻して、記録したいチャンネル今回このステレオです。ここの W をオンにしておきます。すると R も自動的にオンになります。 そしたら通常通り再生を行って、そして記録したい操作を実際に行います。では曲の3回目のループの繰り返しで段々フェードアウトしていくように操作してみようと思います。ではやります。♪(制作中の音楽、1回目)♪♪(制作中の音楽、1回目)♪♪(制作中の音楽、2回目)♪♪(制作中の音楽、2回目)♪♪(制作中の音楽、3回目)♪(フェードアウトしていく)♪(制作中の音楽、3回目)♪(フェードアウトしていく)こんな感じでフェードアウトさせました。記録が終わったらW を外しておきます。これで R だけになるのでこの読み込みだけになります。ではこの状態で曲の位置先頭を戻してみるとパッとフェーダー戻りましたね。こんな感じに曲の位置によって記録した値に従って動くようになります。では曲の位置を最後の方にして9小節目この部分からミキサーを見ながら再生してみましょう。このステレオのフェーダーこれをよく見ててください。さあ、どんな感じになるかというと♪(フェードアウトしていく制作中の音楽)♪♪(フェードアウトしていく制作中の音楽)♪この様にフェードアウトの動きが再現されてちゃんとフェードアウトするようになりました。このオートメーション何回でも記録できるので例えばやり直しもできますし他の何本ものフェーダー途中で動かして、非常に何十本もの手で動かしてるような非常に複雑な操作も行うことができます。 これで、全体を構成作った上で今オートメーションを記憶したのでこのステレオアウトの表示が作成されてここにボリュームの変化のカーブが出てます。こんな感じでオートメーションが記録されたという表示になってます。これで、曲を3回繰り返して3回目でフェードアウトと曲全体の構成を作ることができました。

Cubase 8入門

Cubaseは初心者から一流のアーティストまで非常に多くのユーザーがいる人気の音楽制作ソフトです。このコースでは、Cubaseの基本設定から曲の作り方、Cubaseに付属するソフトウェア音源を使った打ち込みや生音の録音方法、さらには最終的なミックスダウンまでひと通り学ぶことができます。世界標準の一角を担う強力な音楽作成ツールの使い方をぜひ身につけてください。

3時間06分 (30 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Cubase Cubase 8
価格: 2,990
発売日:2016年03月16日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。