Cubase 8入門

トータルエフェクトをかける

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
市販の楽曲と同じような音圧(聴感上の音量)を出すために、トータルにマキシマイザーを適用します。
講師:
04:41

字幕

このレッスンではトータルエフェクトの適用について解説します。では現時点で曲はもう大体完成しています。♪(制作中の音楽)♪ミックスバランスも今もうレベルオーバーしないギリギリぐらいまで上がっていて丁度良いぐらいに見えるんですが実は、このまま他の CD なんかの曲と比べてしまうとちょっと音量が低いと感じてしまうケースが多くなります。それはどういうことかというと実際、様々な楽器がでたり引っ込んだりしてレベルは非常に細かく変動しているわけなんですが実は市販されている様なポップスの楽曲というのは大体そのレベルが出っ張った所もっと自動的に抑えて更に音量が低い所は自動的に持ち上げるといったような処理が行われて全体の耳で聞いた感じの音量がもっと上がるという処理が加えられてます。ではそれに揃えようとしてこの全体のボリューム上げてしまうと♪(制作中の音楽)♪今クリップ付きましたね。クリップがおきてしまうという状態になります。なので、そうした場合にはエフェクトを使って音圧を上げるという処理が行われます。音圧を上げる処理はこのステレオアウトにインサートして全体に対して行われるので、そうしたものをトータルエフェクトと呼んだりします。 では実際にやってみましょう。ではステレオアウトの INSERT に対してDinamics Maximizerこれを適用します。ではこの状態でもう聞いてみましょう。すると♪(制作中の音楽)♪なんか聞いた感じの音量が上がったような感じがわかったでしょうか。一回 Maximizer オフにしてみます。すると♪(制作中の音楽)♪またオンにします。♪(制作中の音楽)♪Maximizer をかけた方が音量が大きく聞こえますね。だけど、クリップはおきていません。この様に Maximizer というエフェクトをトータルにかけてやるとレベルオーバーさせないままで耳で聞いた感じの音量上げるということができます。このエフェクトの中この Output という所は0から動かさない様にします。これが最大音量になるので、これが0以上になってるとクリップしてしまいます。この Optimize という所をどんどん上げていくと耳で聞いた感じのボリュームが上がって行きます。♪(制作中の音楽)♪♪(制作中の音楽)♪この様にですね。但しあんまり上げすぎてしまうと今聞いてて分かったかもしれませんがどんどん演奏が押しつぶされたような感じになってしまいます。 あまり上げすぎるとあまり音に良い影響を及ぼさないので適度な所、演奏の自然さも保たれつつある程度聞いた感じの音量が上がる所そこまで上げていきます。♪(制作中の音楽)♪♪(制作中の音楽)♪この Maximize の量なんですけど最終的に書き出しを行った音それを何種類か、この Optimize の量を変えたものを作っておいてそして同じ環境で他の CD ですとかまたは音楽の配信のファイルそういったものと、市販のものと聞き比べて違和感がないぐらいに音量が揃っていれば大丈夫です。そのようにして、あまりかけすぎることのない様に適度な所に設定してやります。ただ特にポップス系の楽曲だとこの Maximizerほぼ必ずかかってると言っても過言ではない程、広く使われてるのでこれを使うことで所謂市販の楽曲と並んでも違和感がないようなものを作ることが出来るようになっています。それも Cubase の内蔵ツールで完結できますので是非とも試してみてください。

Cubase 8入門

Cubaseは初心者から一流のアーティストまで非常に多くのユーザーがいる人気の音楽制作ソフトです。このコースでは、Cubaseの基本設定から曲の作り方、Cubaseに付属するソフトウェア音源を使った打ち込みや生音の録音方法、さらには最終的なミックスダウンまでひと通り学ぶことができます。世界標準の一角を担う強力な音楽作成ツールの使い方をぜひ身につけてください。

3時間06分 (30 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Cubase Cubase 8
価格: 2,990
発売日:2016年03月16日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。