はじめてのHTML&CSS入門

段落と強調タグ(p / em / strong)

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
HTMLにおける文章に意味を与えるタグを学びましょう。
講師:
04:33

字幕

このレッスンでは、P という段落のタグを学びましょう。それでは、チャプター2のレッスン5のファイルを開きます。このファイルを開くとトラベルガイドという架空のサイトのコンテンツが既に入っています。既に見出しタグでマークアップが、されていますが11行目に文章が入っています。見出しで、できただけのサイトではとても情報量が足りませんのでやはりこういった文章を入れることで情報を補足していきますがこの文章を囲むための専有の HTML タグがあります。それが、p というタグですね。では、早速 <P> ということでここに P タグを作りました。そして終了タグも記述しましょう。</p>これでこの文法は p と p で挟まれている部分でパラグラフの P ということで段落として認識されるようになりました。それでは、ブラウザの方で確認をしてみましょう。右クリックからコンテキストメニューを開いてOpen in Brower を選びます。そうしますと、このように表示がされたと思います。見出しは自動的に太い字でそして、H1が一番大きくH6が一番小さいそして p タグの部分は太字にはなっていませんがこれは段落としてちゃんと認識がされています。 それでは、また、テキストエディタSubline Text の方に戻りましょう。アプリケーションの切り替えCommand タブ、Alt タブでテキストエディタに戻りましたら今度は、新しいタグ、EM タグと Strong タグを設定していきましょう。まず、STRONG タグこれは単語の読んで字のごとしで強調表現をします。文章の中で強調したい部分にSTRONG タグでマークアップをしていきます。この文章の中で強調したいところを例えば、「ビギナーからエキスパート」という所を強調したい場合は「ビギナー」の部分にカーソルをあわせましてSTRONG と記述をします。そして「エキスパート」という所にカーソルをあわせ終了タグを書くことでここから、ここまで「ビギナーからエキスパート」までをSTRONG の強調でマークアップをしました。これで、この文章の中で強調したい部分は「ビギナーからエキスパート」という部分になりました。では、EM タグというのも設定してみましょう。EM は Emphasis の略でこちらも強調ではあるのですがより比較をともなった強調という表現になります。今回は「世界中から寄せられたクチコミ」の部分に EM タグでマークアップを施します。 まずは、開始タグ、< EMそして そして「クチコミ」の後ろにカーソルをあわせまして< 、閉じの/、EM、そして括弧を閉じる >これで、この文章の中でまず、「ビギナーからエキスパート」この強調は語気を強めると言ったような表現です。EM の場合は特別に差別化を行いたいといった表現をしたい時にEM を用います。今回は「世界中から寄せられたクチコミ」という部分が他の競合サイトには無い強みであると言ったようなニュアンスを含めたいので今回は、ここの部分に EM タグでマークアップを施しました。このレッスンでは、段落と段落の中で強調したいタグ STRONG とEM タグについて学びました。

はじめてのHTML&CSS入門

Webデザインの基本はHTMLとCSSにあると言っても過言ではありません。ブラウザにそのページの論理構造を正しく伝えるためのHTMLと、そのページをいかに見せるかを設定するCSSの二本柱をきちんと理解する必要があります。このコースでは前半でHTMLとCSSの基本を学んだのち、後半ではCSSの実際の応用の仕方や各種ツールの使い方などについて学びます。

3時間35分 (38 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年03月26日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。