Painter Essentials 5 & ワコムペンタブレット入門

自分好みの環境設定にする

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは自分好みの環境を設定して使いやすいようにしてみましょう。
講師:
03:28

字幕

このレッスンでは自分好みの環境を設定して使い易いようにしてみましょう。新規ドキュメントを開きます。新規ドキュメントは何でも良いです。取り敢えず A4 を開きました。今、初期設定の状態になっています。ブラシがウェットオイリーなのでちょっと分かりにくいので「アクリルとオイル」というのにしてみますけれども「カバーブラシ(幅広)」ですね。円があって真ん中に点があるのが見えると思います。ブラシですね今動いているカーソルです。これはですね真ん中の点が中心点だということが分かると思いますけれども周りの円がブラシのサイズを表しています。これを小さくすると小さくなりますね。「不揃いブラシ」というのにするとちょっと先程と違いますね、インターフェースが。少し小さくしてこういう風にありますけれどもこれはペンの方向を表しているのです。実はPainter ではペンの方向が非常に重要になってくるのですがPainter Essentials 5 ではこのペンの方向は余り意味がないのです。ですから、ちょっと邪魔という感じがしますよね。それから例えば「アクリル(不透明)」にしますけれどもアクリル(不透明)にするとストロークが筆圧で変わってくるのです。 そう考えると周りの円の大きさ要するにブラシのサイズこれを表示しても余り意味がないと思うんですね。逆に分かりにくくなってしまうのでそこの辺りをインターフェースをちょっとカスタマイズします。カスタマイズという程でもないのですけれどもこの「ブラシゴーストの強化」というのは先程の線です。ここにある、これです。こういうものですね。それから「ブラシゴースト」というのはここの外側の円の大きさのこと。もう 1 つ「アイコン」というのがありますけれどもこの「アイコン」これはブラシ、十字とこの中に沢山あるのですがブラシ若しくは三角形が一番分かり易いと思います。先ず、ブラシをOK してみますね。そうすると、こういうものです。こういうブラシがここの部分が描画点になります。分かりますか、ここですね。もう 1 つインターフェースで三角形、僕は三角形かブラシなのですけれども三角形の方が特に多いですね。ブラシにしてみます。OK を押してそうするとこういうものです。これでもう完璧にこの三角形のここの部分これが描画点にになります。これですね。中心ですね。このレッスンでは環境設定を変えて自分が使い易いようなブラシのインターフェースブラシアイコンこれを設定してみました。

Painter Essentials 5 & ワコムペンタブレット入門

Painter Essentialsはデジタルアートの入門ソフトとして定評のあるペイントソフトです。鉛筆やペン、油彩やアクリルなど数多くのブラシが使え、またペンタブレットでより自由に絵を描くことができます。このコースではデジタルペイントが初めての方を対象に、ワコムのペンタブレットとPainter Essentials 5 の基本的な使い方を学びます。

2時間55分 (41 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年03月24日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。